【政治を読む】TVメディアは政治を歪め国民に信じ込ませてきた

”悪が栄えるのは、善人が何もしないからだ”  基本的に中国人は全員スパイと考えた方が良い。人種偏見などではなく、中国の社会制度(国防動員法)がそうなっているからです。中国が急に「有事」と定めたら、日本に送り込まれた中国人たちが暴動を起こし略奪殺人強姦放火等々の日本破壊が始められるように、全員が工作員となるように定められている。日本には北朝鮮スパイが二万人以上スパイ防止法を阻止する売国奴たち

朝鮮進駐軍タカリ体質中韓朝は永遠に日本人にタカル。 朝鮮進駐軍の末裔在日韓国人と日本共産党が引き起こしてきたテロの数々共産党吉永小百合と蓮舫と華僑人と在日朝鮮人

15 2017

朝鮮進駐軍、在日韓国人は密入国者の末裔

朝鮮進駐軍と日本共産党の暴力

無差別テロに多くの日本人市民を殺害した。


約2000人 の在日朝鮮人「朝鮮進駐軍」部隊が完全武装して首相官邸に突入。
日本の警官隊は当時武器の所持は禁じられていため、米軍憲兵隊に応援を頼んだ。
そこで米軍憲兵隊と「朝鮮進駐軍」との間で大銃撃戦闘へと発展した。

  • 戦後の在日朝鮮人は、なんの国際法上の地位もないにも関わらず、
  • 勝手に自分たちを「戦勝国民である朝鮮進駐軍」であると詐称し、
  • 三万人もの武装集団となって全国主要都市に出現し暴れまくった。

  • 在日朝鮮人集団は、武装解除された日本軍の武器と軍服を盗用して武装し、
    勝手に「朝鮮進駐軍」と名乗り、無差別に多くの日本人市民を殺害した。
    GHQの 記録に残っているだけでも四千人以上の殺害記録が残されている。

  • 戦後の治安が整っていない空白を良いことに、「朝鮮進駐軍」と名乗った在日朝鮮人は、
  • 土地の不法略奪、金品略奪、強姦、銀行襲撃、殺略、警察襲撃など暴れ放題の限りを尽くした。

  • 「朝鮮進駐軍」と名乗る暴徒たちは、個々に部隊名を名乗り、各地で縄張りを作り暴れた。
    これら「朝鮮進駐軍」 元締め組織が「朝鮮総連」、ヤクザなどになっていった。

  • 国有地も、都心駅前一等地周辺も、軒並み不法占拠した。
  • そしてそのまま、パチ ンコ屋、飲み屋、風俗店等々が出現し、
  • そのまま彼らの土地として登記され現在に至っている。
  • 農家、農協倉庫を襲い、貨車を襲撃、商店街、国の食料倉庫も襲い、食料や商品を根こそぎ 奪って行き、
  • それらは全て戦後の闇市で売りさばき、暴利で財を成したのは彼らであった。

  • 財を成した彼らは(蓮舫の祖母、父親そして蓮舫に引き継がれる)
    分派し、
  • 政治組織として
    社会主義、
    共産主義組織へと発展し、
  • 政界にも進んだ。

  • 「朝鮮進駐軍」と名乗る在日朝鮮人暴徒たちは、
  • 通りすがりの市民に言いがかりをつけ集団暴行をはたらく。
  • 無銭飲食は当たり前、
  • 白昼に目に付いた婦女子を路上で集団強姦するなどを、日常茶飯事に繰り返した。

    在日朝鮮人は「朝鮮進駐軍」部隊と名乗り、武装して、町をのし歩いた。
  • 彼らは闇市を掌握して巨大な利益をあげ、徒党を組んでは瓦礫と焦土の神戸の街を闊歩した。

    腰には拳銃をさげ、白い包帯を巻きつけた鉄パイプの凶器を振り回しては、
  • 手当たり次第に日本人を殺傷、暴行し、略奪の限りを尽くした。


************************************

戦後の混乱時に略奪暴行を繰り返し
日本に密入国した不法在日の凶暴事案

彼らは政治家、マスメディア、パチンコに浸食変貌し、
日本が復興し整備された現在もなお存在する。



    在日特権が産声を上げたのは1945年8月15日日本が無条件降伏し戦争が終わった日
  1. 在日は朝鮮進駐軍、戦勝国民と名乗り、戦後、横暴を振るった。
  2. 現在の朝鮮総連は拉致に関与した北のスパイ。
  3. 生活保護、脱税し放題の在日特権を受け、そのくせ、
  4. 強制連行されたと嘘を付き、差別だと被害者の顔しています。
  5. 強制連行の嘘に騙され続けているマスコミ関係者は
    朝鮮総連からのクレームと
    在日のパチンコのスポンサーの圧力で事実を全く報道しません。


在日の戦後の悪行 朝鮮進駐軍と名乗り、戦後大暴れしていた

※「朝鮮進駐軍」(戦後の混乱時に日本に密入国した不法在日朝鮮人略奪暴行を繰り返した)とは。
  • 在日朝鮮人は日本と戦争をした事実は無いにもかかわらず、
  • 終戦と同時に「朝鮮進駐軍」を自称し、日本各地において
  • 婦女暴行、
  • 暴行、
  • 略奪、
  • 警察署の襲撃、
  • 土地・建物の不法占拠、
  • 鉄道の不法乗車等、横暴の限りを尽くした。

「第二次世界大戦後
在日朝鮮人によって組織され、日本各地で凶悪犯罪を引き起こした犯罪組織」。

朝鮮進駐軍 、「GHQ(連合国軍最高司令官総司令部)の資料」に
あるだけでも4,000人以上の日本人を殺害した組織。

朝鮮進駐軍の攻撃で負傷する警官
終戦間際、日本の治安の悪いころを見計らって日本に襲来した朝鮮進駐軍は好き放題暴れていた。

【拡散希望】「朝鮮進駐軍の非道を忘れるな」より
http://blogs.yahoo.co.jp/aoiqqq3/6356567.html

関東大震災時の朝鮮人の暴動や犯罪

本当にあった関東大震災における朝鮮人による暴動・破壊・放火・強姦事件。
yokohamasentou.jpg
出典deliciousicecoffee.blog28.fc2.com

終戦直後に在日朝鮮人が日本人にしたこと【YouTube】で観る

戦後の歴史から消される朝鮮進駐軍Korea occupation armyと在日本朝鮮人連盟が関わる事件
戦後焼け野原になった日本へ押し寄せた密入国者(侵略)朝鮮人

その後に起こした朝鮮人Koreanの暴動raise a riot、略奪Conspiracy暴行assault残虐行為atrocity
1959年6月16日朝日新聞
kuzutilyon_9-tr.jpg

孫正義も朝鮮人密入国の家系であることが「あんぽん」という本に書かれている。

************************************
tyo-yu-.jpg朝鮮進駐軍 youtube

朝鮮進駐軍Korea occupation armyの流れ

  • 戦後の在日朝鮮人は、なんの国際法上の地位もないにも関わらず、
    勝手に自分たちを「戦勝国民である朝鮮進駐軍」であると詐称し、
    三万人もの武装集団となって全国主要 都市に出現し暴れまくった。


  • 在日朝鮮人は「朝鮮進駐軍」部隊と名乗り武装して町をのし歩いた。
    彼らは闇市を掌握して巨大な利益をあげ、徒党を組んでは瓦礫と焦土の神戸の街を闊歩した。

  • 腰には拳銃をさげ、白い包帯を巻きつけた鉄パイプの凶器を振り回しては、
    手当たり次第に日本人を殺傷、暴行し、略奪の限りを尽くした

  • 通りすがりの通行人の目つきが気に入らぬといっては難くせをつけ、
    無銭飲食をし、白昼の路上で婦女子にいたずらをした。
    善良な市民は恐怖のドン底に叩き込まれた。

  • こうした不良分子は旧日本軍の陸海軍の飛行服を好んで身につけていた。
    袖に腕章をつけ、半長靴をはき、純白の絹のマフラーを首にまきつけ、肩で風を切って街をのし歩いた。

  • 警官が駆けつけても手も足もでない。
    終戦後の警官が、一切の銃器の所持が許されていなかったのをよいことにして、
    「おれたちは戦勝国民だ。敗戦国の日本人がなにをいうか」と、
    丸腰警官を殴り、ド突き回し、警備用の木刀や飾りのサーベルをヘシ曲げた。

  • 在日朝鮮人集団は、武装解除された日本軍の武器と軍服を盗用して武装し、
    勝手に「朝鮮進駐軍」と名乗り、無差別に多くの日本人市民を殺害した。
    GHQの 記録に残っているだけでも四千人以上の殺害記録が残されている。

  • 戦後の治安が整っていない空白を良いことに、「朝鮮進駐軍」と名乗った在日朝鮮人は、
    土地の不法略奪、金品略奪、強姦、銀行襲撃、殺略、警察襲撃など暴れ放題の限りを尽くした。

  • 「朝鮮進駐軍」と名乗る暴徒たちは、個々に部隊名を名乗り、
    各地で縄張りを作り暴れた。
    これら「朝鮮進駐軍」 元締め組織が「朝鮮総連」、ヤクザなどになっていった。


  • 国有地も、都心駅前一等地周辺も、軒並み不法占拠した。
    そしてそのまま、パチ ンコ屋、飲み屋、風俗店等々が出現し、
    そのまま彼らの土地として登記され現在に至っている


  • 農家、農協倉庫を襲い、貨車を襲撃、商店街、国の食料倉庫も襲い、
    食料や商品を根こそぎ奪って行き、それらは全て戦後の闇市で売りさばき、
    暴利で財を成したのは彼らであった。

  • 財を成したの彼らは分派し、政治組織として社会主義、
    共産主義組織へと発展し、政界にも進んだ


日本の将来http://cahotjapan.blog103.fc2.com/blog-entry-672.html(参考) 

***********************************************


永久保存版 「日本共産党と在日韓国朝鮮人が引き起こしてきたテロの数々」
貴方はこの事実をどのように思いますか?

  • 1923年・朴烈事件:民潭創設者::::朴烈が起こした天皇暗殺未遂テロ

  • 1945年10月10日金天海の釈放を歓迎しGHQ前で万歳を叫ぶ朝鮮人たち。
    金天海。在日韓国人の反日活動家
    在日本朝鮮人連盟最高顧問。日本共産党中央委員。本名は金鶴儀。

    金天海-r
    1950年6月15日、金天海は北朝鮮に密航。
    1951年11月、朝鮮労働党第2回大会で金天海は労働党中央委員・社会部長に就任。
    1958年、金日成から労働勲章。
    1970年の朝鮮労働党第5回大会で金天海の名前が中央委員名簿から消え、以後消息不明。
    アムネスティー・インターナショナルによると、金天海は強制収容所の名簿に載ったと伝えられている。


  • 1945年10月22日・大阿仁村事件:::::::::::在日鉱山労働者が栗林に無断侵入&警官と乱闘

  • 1945年(昭和20年)12月29日直江津駅リンチ殺人事件::満員列車で起きた在日による日本人リンチ殺害
    新潟県中頸城郡直江津町(現:上越市)の国鉄信越本線直江津駅で発生した殺人事件である。

    train_in_Occupied.jpg
    出典ja.wikipedia.org 終戦当時の当時の列車の混雑

    約40名の朝鮮人が村人に対して来襲Youtubeで観る警察と警防団は直ちに現場に急行し鎮圧。

  • 1945~6年生田警察署襲撃事件::山口組成長のきっかけとなった在日による警察署占拠事件
    (昭和20年)12月24日、および翌1946年(昭和21年)1月9日の2回続けて発生した。
    現在の兵庫県神戸市中央区にある生田警察署が襲撃された事件である。

  • 1946年首相官邸デモ事件::::::::生活物資の優先配給を求めた在日が暴徒化
    終戦直後に在日朝鮮人が日本人にしたことYoutubeで観る

    (昭和21年)12月20日に東京都麹町区(現・千代田区)で発生した
    在日朝鮮人による暴動である。アメリカ軍憲兵隊が出動。

    (昭和21年)11月10日に、在日朝鮮人は在日朝鮮人生活権擁護委員会を結成し、
    朝鮮人に対する生活物資の優先配給を行政機関に要求していた。
    そして、同年12月20日に皇居前広場で「朝鮮人生活権擁護全国大会」を開催した。

    終戦後 「朝鮮進駐軍」2000人による武装部隊が首相官邸襲撃
    200px-LKRJ_Building_that_became_off-limits.jpg

  • 1946年(昭和21年)9月22日・坂町事件::::::::::::::::闇市の取締りに反発した在日による暴力事件

    新潟県岩船郡保内村(現・村上市)で発生した事件。
    ヤミ米の取締りの際に警察官 10人が現場に向かい取り締まろうとしたところ、
    約50人の朝鮮人・中国人が襲い掛かり、殴る蹴るの暴行を加えた事件

  • 1946年(昭和21年)9月29日・新潟日報社襲撃事件::::::坂町事件の記事の撤回謝罪を要求した在日による暴行

    新潟県新潟市で発生した暴力事件。
    在日朝鮮人や在日中国人が新潟県岩船郡保内村(現・村上市)内で
    起こした坂町事件の記事を掲載したことで朝鮮人16人が新潟日報社を訪れ、
    「誤報であったという声明を出せ」と脅迫と暴行。

  • 1946年(昭和21年)1月3日・::::::::::東京都小石川区(現・文京区)で発生した暴動事件である。

  • 1946年・富山駅前派出所襲撃事件::犯罪人解放を狙った在日による警官襲撃
    (昭和21年)8月5日に、富山県富山市で発生した事件。

    朝鮮進駐軍Korea occupation armyの攻撃で負傷する警官Youtubeで観る
    終戦間際、日本の治安の悪いころを見計らって日本に襲来した朝鮮進駐軍は好き放題暴れていた。

    2324_convert_20160830081219.jpg

  • 1946年(昭和21年)5月13日・長崎警察署襲撃事件::::::犯罪人釈放を目的とした在日集団テロ、在日朝鮮人・中国人による警察署襲撃事件

  • 1946年・富坂警察署襲撃事件::::::犯罪人逃亡を企てた在日による警察署占拠

  • 1947年・尾花沢派出所襲撃事件:::::闇米を摘発された在日が派出所を襲う
    (昭和22年)10月20日に、
    山形県北村山郡尾花沢町(現尾花沢市)で発生した事件。
    ヤミ米摘発の鬱憤を晴らすべく、朝鮮人が派出所を襲撃。

    ************************************

  • 1948年・阪神教育事件:::::GHQが戦後初めて非常事態宣言を布告した大規模テロ
    (昭和23年)4月14日から4月26日にかけて
    大阪府と兵庫県で発生した在日朝鮮人と日本共産党による
    民族教育闘争、大規模テロ、逮捕監禁・騒乱事件で、
    GHQは、戦後唯一の非常事態宣言を布告した事件


    デモ隊を鎮圧する大阪市警
    デモ隊を鎮圧する大阪市警

  • 1948年・評定河原事件::::北朝鮮国旗掲揚を巡った在日と米軍憲兵との乱闘
  • 1948年・宇部事件::::::::山口県宇部市における在日による生活保護要求テロ
    (昭和23年)12月9日、約200名の朝鮮人が宇部市民会館に参集して暴動を起こした事件。

  • 1948年(昭和23年)10月11日・10月12日・評定河原事件::::::日本の宮城県仙台市で発生した事件。

    ************************************

  • 1949年(昭和24年)4月6日から4月13日・枝川事件:::::東京都江東区枝川で発生した朝鮮人犯罪事件である。
  • 1949年・枝川事件::::::::集団窃盗犯逮捕に絡んで起こった在日による警察官暴行拉致事件

  • 1949年(昭和24年)4月7日~4月11日・高田ドブロク事件:::::::新潟県内の朝鮮人集落で、大規模な密造酒の醸造事件である。
  • 1949年・高田ドブロク事件:密造酒醸造犯による脅迫暴行デモ

  • 1949年・本郷事件::::::::朝鮮人地区の地図作成に対する在日の集団暴行
  • 1949年(昭和24年)6月2日・本郷事件:::::::福井県大飯郡本郷村(現・おおい町)で発生した朝鮮人による暴行事件。

  • 1949年・下関事件::::::::韓国政府の在外国民登録に反発した在日が暴徒化
  • 1949年(昭和24年)8月・下関事件::::::::山口県下関市で発生した朝鮮人の騒乱事件

  • 1949年1月25日・益田事件:::::::朝鮮人集落において密輸入物資隠匿で摘発された在日を巡る襲撃テロ

    ************************************

  • 1950年(昭和25年)3月10日・3月20日・台東会館事件:::::::東京都台東区で発生した在日本朝鮮人連盟の公安事件
    朝連解散&朝連会館接収を拒否した在日が起こした公安事件

  • 1950年・連島町事件::::::朝鮮解放5周年集会に集まった在日による暴動

  • 1950年(昭和25年)11月20日~11月27日・長田区役所襲撃事件:::兵庫県神戸市長田区で発生した公安事件。在日が生活保護を要求して襲撃、朝鮮人が生活擁護をよこせと役所で暴動を起こす。

    長田区役所襲撃事件
    na01_1_20160702104410bf4.jpg

    ************************************

  • 1951年・四日市事件::::::::::::朝連支部接収に反対した在日が起こしたバイオテロ
  • 1951年・王子朝鮮人学校事件::::東京朝鮮学校による違法印刷物を巡った在日の暴動
  • 1951年・神奈川事件::::::::::::神奈川県朝鮮人学校PTAによる暴力事件

    http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/ より転載

  • 1951年(昭和26年)3月7日・王子朝鮮人学校事件::::::東京都北区で発生した事件である。

  • 1951年6月13日・神奈川事件:::::::28名の在日朝鮮人が、公安条例違反容疑で検挙された事件である。

  • 1951年(昭和26年)10月22日・下里村役場集団恐喝事件:::::兵庫県加西郡下里村(現在の兵庫県加西市)発生した朝鮮人が生活保護欲しさに恐喝した事件
    在日朝鮮人約200名が、「生活保護」「強制送還反対」の陳情をするために下里村役場に押しかけた。
    そして村役場職員を吊るし上げ、椅子を振り上げる等の暴挙に出たので、
    国家地方警察兵庫県本部は暴行脅迫・恐喝容疑で15名を検挙した。

  • 1951年11月21日・福岡事件:::::::「強制追放反対」を叫ぶ朝鮮人約1500名が、
    福岡市大浜新校地と西公園に分散して集合し暴動を起こした事件。
    そのうち新校地の一隊が同市千代町へ向かってデモ行進したため、
    それを阻止しようとした警官隊と乱闘となり、16名が検挙された。
    その後、解散に見せかけて、新校地に再結集し集会を開いた。
    警官隊が解散を命じたが応じなかったので、再度乱闘となり5名を検挙した。

  • 1951年12月1日・東成警察署催涙ガス投擲事件:::::::1951年11月10日、泥酔中の朝鮮人を警察が保護したが、容態が急変して同日夜に死亡した。朝鮮人側は警察官の暴行により死亡したとデマを流して警察署を襲撃した事件。

  • 1951年12月16日・軍需品製造工場襲撃事件:::::上記の東成警察署で死亡した朝鮮人の追悼式で朝鮮人が暴れた事件。
    東成警察署催涙ガス投擲事件で留置中死亡した朝鮮人の追悼式に参加した朝鮮人約110名は、
    3班に分かれて、大阪市内四ヶ所の親子爆弾製造工場(民団系)を襲撃し、製品や窓ガラスを破壊したり、
    従業員に暴行を加えたりした。

  • 1951年12月3日~11日・半田・一宮事件:::::::::愛知県の半田税務署に密造酒取締の件で朝鮮人が押しかけ、
    署長以下数名を監禁した事件。

  • 1951年(昭和26年)10月18日・日野事件::::::::滋賀県蒲生郡日野町で発生した朝鮮人による公安事件。
    tyousenn3.jpg

    ************************************

  • 1952年(昭和27年)2月21日から2月23日・木造地区警察署襲撃事件:::::::::青森県西津軽郡木造町(現つがる市)で発生した在日朝鮮人の暴動事件。
    出典
    木造地区警察署襲撃事件 - Wikipedia

  • 1952年6月5日・宇部万来町事件::::::山口県宇部市で発生した暴動事件
    「潜在収入がある」として、生活保護費増額を見送っていたことに激昂し留守中の上宇部派出所を襲撃。

    山口県宇部市で発生した事件。1948年(昭和23年)12月9日、約200名の朝鮮人が宇部市民会館に参集して暴動を起こした事件。

  • 1952年2月28日)・姫路事件:::兵庫県姫路市において、民団広畑分団長ほか3名の民団員宅に旧朝連系約20名が覆面して押しかけ、
    器物を破壊して逃走した事件。

  • 1952(年3月1日)・八坂神社事件::::::::::::
    三・一事件記念の名目で集まった約70名の朝鮮人デモ隊が、
    大阪市東成区の八坂神社境内に突入しようとしたため、大阪警視庁機動隊と大乱闘になった事件。

  • 1952年3月13日午前1時頃・宇治事件:::::::宇治市警小倉派出所・伊勢田臨時派出所及び警察官宅3ヶ所に、
    それぞれ5名の朝鮮人が押し入った事件。

  • 1952年(昭和27年)3月・多奈川町事件:::::大阪府泉南郡多奈川町(現岬町)で発生した朝鮮人の事件
    婦女子を先頭にした #朝鮮人 約200人がトラックの前に座り込んだり、
    大きな石をいくつも道路上に置いて交通を妨害
    朝鮮人約30名が多奈川派出所に押しかけ
    朝鮮人の暴徒に囲まれて殴打され石を投げつけられ怪我を負う。

  • 1952年4月13日・田川事件::::::::福岡県の七曲峠で花見をするために集まっていた
    日本人グループと朝鮮人グループが喧嘩になり、双方に死傷者が出た。
    国家地方警察田川地区警察署は両グループを検挙した。

    ところが19日になって、朝鮮人の集団が田川地区警察署に押しかけ、犯人の即時釈放を要求した。
    警察は3名のアリバイを認め釈放したが、朝鮮人たちは引き続き全員の釈放を要求し続けた。
    午後11時になり、警察が排除に乗り出したので、彼らはガラス戸に向かって投石をし始め、
    ガラス戸27枚が破損、警察官7名が負傷した。
    21日に再度、田川地区警察署に押しかけて署長に面会を求め、
    署内に乱入しようとしたため、催涙弾を使用して鎮圧した。
    福岡県の七曲峠で花見をするために集まっていた

  • 1952年(昭和27年)5月1日・血のメーデー事件:::::::::東京の皇居外苑で発生した、
    左翼、朝鮮人の左翼団体が暴力革命準備の実践の一環として行われたものと見られている。
    デモ隊と警察部隊とが衝突した騒乱事件である。
    300px-Bloody_May_Day_Incident2.jpg
    第23回メーデーにおいて暴徒化したデモ隊と警察部隊とが衝突した。
    戦後の学生運動で初の死者を出した。

  • 1952年(5月8日)・上郡事件:::::::4月10日に左翼系朝鮮人5名は、兵庫県赤穂郡船坂村(現在の兵庫県赤穂郡上郡町)で、
    別の朝鮮人3名に対して日本の学校に入学させていたことを理由に「スパイ」と難癖を付け、巻き割りで殴打した。
    その事件の容疑で5月8日に国警赤穂地区警察署は、朝鮮人8名を検挙した。
    その後、容疑者は神戸地検姫路支所に護送されたが、
    その間朝鮮人の一団が赤穂地区警察署に押しかけ、
    容疑者の奪還を図ろうと南へ約50m離れた小谷薬局前で警察と乱闘になったが、容疑者の身柄は無事護送された。

  • 1952年(昭和27年)11月・大村収容所脱走企図事件(1952年5月12日~25日、11月9日~12日)::::法務省入国管理庁の入国者収容所で
    長崎県大村市にある大村入国者収容所(現:大村入国管理センター)で
    発生した朝鮮人暴動事件。
    1952年5月12日、韓国に強制送還された朝鮮人のうち、125名が手続不備で逆送還されて、大村収容所に再収容された。
    これに対し、民戦から数回にわたって抗議した後、5月25日になって50名が抗議に押しかけ、
    代表が当局と会談中、外部の者は盛んに収容者に対し、逃走をけしかけた。
    そこで約100名は混乱に乗じて逃走を企図し、12名が逮捕されてようやくおさまった。
    その後、11月9日~12日にわたって、また民戦活動家数十名が押しかけ代表が当局と交渉中、
    654名の収容者が一斉に脱出を企図したので、催涙弾と消防車でこれを阻止し、首謀者12名を検挙した。

  • 1952年5月13日広島地裁被疑者奪回事件広島市で発生した朝鮮人と左翼が引き起こした事件。
    駐在所と民家に放火した容疑で検挙した朝鮮人4名の裁判が広島地方裁判所で開かれたが、
    傍聴していた朝鮮人約200名が柵を乗り越えて法廷内を占拠、被告4名を奪還して逃走させた。

  • 1952年5月25日から5月26日高田事件愛知県名古屋市瑞穂区で発生した北朝鮮系の在日朝鮮人の脅迫による公安事件
    5月26日早朝、名古屋市瑞穂区にある民団愛知県本部顧問宅へ旧朝連系の朝鮮人数十人が乱入した。
    そのため、顧問は瑞穂警察署高田派出所に助けを求めてきた。
    警察官が顧問を助けようとしたところ、追跡してきた一団は火炎瓶や石を投げつけて派出所を焼き討ちにした。

    そして、裏口から逃げようとした顧問を追いかけて暴行を加え、全治10日間のけがを負わせた。
    他にも同時多発ゲリラとして、米軍基地・民団愛知県本部・中村県税事務所に火炎瓶を投げ込んだり、
    名古屋簡易裁判所判事宅に投石を行ったりした。最終的に朝鮮人31名が検挙された。

  • 1952年(昭和27年)5月31日奈良警察官宅襲撃事件::::::奈良県磯城郡桜井町(現桜井市)で発生した朝鮮人による襲撃事件。
    奈良市警警備課巡査部長宅に約10名の朝鮮人が押しかけ、戸を開けた巡査部長の父に暴行を加え意識不明の重体にし、窓ガラスや障子を破壊して逃走した。


************************************


『闇市で儲けて、それからパチンコ(店経営)に走った人が多いんですよ。

じゃあ闇市で何をして儲けたかというと、結局、ヒロポンと贓物故買(ぞうぶつこばい)だよね』 

密造した覚醒剤を売りさばいたり、盗品の横流しをしたりして、
短期間のうちに大金を作り、それをパチンコ店開業に振り向けたというのである。

『そういう、うしろ暗い過去がなかったら、カネなんていうものは、そんなに貯まらんですよ。

うしろ暗い過去があるから、人にも言われんわけでね』

************************************


1946年●終戦後 「朝鮮進駐軍」武装部隊が首相(吉田内閣)官邸襲撃●

「朝鮮進駐軍」部隊(日本共産党の徳田球一)2000人による「首相官邸襲撃事件」が1946年起きた。
午後2時30分頃にアメリカ軍憲兵隊が出動し、まもなくデモ隊全員を解散させた。
1946年(昭和21年)11月10日に、在日朝鮮人は在日朝鮮人生活権擁護委員会を結成し、朝鮮人に対する生活物資の優先配給を行政機関に要求していた。そして、同年12月20日に皇居前広場で「朝鮮人生活権擁護全国大会」を開催した。

午後1時30分、「朝鮮人虐殺政策絶対反対」「吉田内閣は日本の敵だ」といったプラカードを掲げてデモ行進を開始。
現在の中韓朝と全く同じ、つまりタカリ体質中韓朝は永遠に日本人にタカルということ。
日本国は防衛力を持つことだ、でなければ、中朝韓の戦争に巻き込まれ、利用されるだけだ
防衛力をなきものとし戦争法と言いがかりをつける吉永小百合等芸能人、憲法学者、蓮舫等政治家
内側から日本国破壊弱体を狙う
。)


戦後当時の「朝鮮進駐軍」は今日の朝鮮総連本部である

今の朝鮮総連となる「在日朝鮮人連盟中央総本部」

note-223678-i1-____0037.jpg


在日朝鮮人連盟中央総本部を強制撤去するために武装警官を導入するまでに至った。

1951【昭和26年03月22日衆議院法務委員会】

【押谷委員】
お尋ねをいたしますことは、昨朝起りました朝鮮人による米兵に対する暴行事件であります。

昨二十一日の午前三時半ごろに、浅草の千束町の朝鮮マーケット附近におきまして、
六名の米兵が多数の鮮人に取囲まれまして、集団的に暴力を加えられて、
一名は死亡する、二名は負傷する、自動車も破壞されるというような不祥事を起したのでありますが、
わが国の講和を前に控えて、今日日本の置かれたる国際的地位などから考え、
この時期を思いまするときに、まことに遺憾しごくな事件だと考えます。


第三国人の由来
終戦後の第三国人どもは本当に酷かった。軍の兵器を盗んで来たらしく、三八式歩兵銃や南部式拳銃で武装し、
小銃には着剣して強盗強姦傷害恐喝脅迫不動産窃盗、時には殺人まで、
経済犯、実力犯を中心にあらゆる悪事を重ねていた。

銀座、浅草、新宿は朝鮮人、新橋、渋谷は台湾人に支配され、政府も警察も動揺し、手を拱いていた。
戦勝国民は治外法権だったのである。

だから食管法に限らず、戦勝国民には日本法を適用出来なかった。
服部時計店や白木屋も米軍の酒歩(PX)に接収され、
そこへ行けば食料に限らず物資は山ほどあった。日本人は買えなかったが。

そうした情勢に便乗し、朝鮮人は戦勝国民だの「朝鮮進駐軍」を僭称して堂々と闇商売を行い、派手に稼いでいた。

そりゃ儲かるだろう。警察の検問を竹槍日本刀を振り回して強行突破したのだから(さすがに銃撃戦は挑まなかった模様)。

当時は物不足で、売る方は素人でも出来た。
仕入れこそ難しかった。

彼等は日本人露天商を襲って商品を奪う。

それで警察が黙認して捕まえないのだから、こりゃあ損のしようが無い。
警察が襲撃されることしきりで、署長が叩きのめされたり、
捜査主任が手錠を賭けられ半殺しにされるぐらいは珍しからず。

上野で朝鮮人経営の焼肉屋へ国税局査察部が査察に行った際、
大金庫を開けて手を入れた瞬間を狙って二十人ぐらいで一斉に金庫の扉を押したものだから
査察官は腕を切断されてしまった。

当時は警察署が襲撃される事が珍しくなく、
第三国人の襲来によって犯人を奪還された富坂警察署事件、

ついでに警官が殺された渋谷警察署事件、共産党が大群で警察署を包囲し
外部との連絡を遮断「攻城戦」に出た平警察署事件等、枚挙に暇有りませんでした。

東京東部(すなはち大東京の中心地)北郊の荒川、古利根-中川、江戸川、利根川流域の牛は皆いなくなった。

当時、あの辺は畜力として農耕牛を使っていたが、
深夜、不良朝鮮人が侵入して来て盗み出し、河原へひいて行って屠殺した。
牛はモウと言って泣いたので皆気付いたが、銃砲刀剣で武装しているので追う訳には行かなかった。

永年愛育し、慈しんで来た牛が悲しそうに泣きながらズルズル引き出され殺されるのを
傍観するのは無念で耐え難かったが、手向へば殺されるのでどうにも出来なかった。

そうして利根川水系流域一帯の牛は皆、不良朝鮮人に盗まれ、殺され、闇市で売られた。

この辺へも、新聞紙に包んだ肉塊を売りに来たものだ。
上流で屠殺した牛を、そのまま下流へ売りに来たのだろう。
かくて南関東から、牛はいなくなった。

家/畜相手ならまだしも、人間に対しても、関東以西の大都市を中心に、
日本中に灰神楽が立つような勢で数多犯罪を重ねた。
川崎、浜松、大阪、神戸などが酷かった。その最も著しい象徴的事例に、
元文部大臣、後の首相・鳩山一郎氏に対する集団暴行・傷害事件がある。

翁が軽井沢の静養先から帰京しようとして信越本線の汽車に乗っていたら、
例の「朝鮮進駐軍」が後から大勢、切符も買はず、鉄道員を突き飛ばし押入って来て、
「俺達は戦勝国民だ、おまえら被支配者の敗戦国民が座って支配者様を立たせるとは生意気だ、
この車両は朝鮮進駐軍が接収するから全員立って他の車両へ移動しろ、愚図愚図するな!」と追い立てた。

それで鳩山氏が、我々はきちんと切符を買って座っているのにそりゃおかしい、
と一乗客として穏やかに抗議したら、たちまち大勢飛び掛かって袋叩きにし、鳩山翁を半殺しにした。
幸にして重体にも重傷にも至らなかったが、頭部裂傷だか顔面挫傷だか忘れたが、
血に塗れ腫れ上がった痛々しい顔で帰京した。

年老いた祖父を理不尽に叩きのめされて怨まぬ孫も有るまい、いかに不出来な孫にせよ。
孫共はこれを知らんのだろう。

直後に総理大臣に成る程の大物でもかくのごとし。
いわんや庶民におては 土地も屋敷も物資も操も、奪い放題であった。

闇、賭博、傷害、強盗事件が多く、ことには、
空襲や疎開で一時的に空いている土地が片端から強奪された。

今、朝鮮人が駅前の一等地でパチンコ屋や焼肉屋を営業しているのは、
皆、あの時奪った被災者の土地だ。


それでも警察は手が出せなかった。
歴代首相大臣等が絞首刑になって行く状況で、警察ごときに何が出来よう。

ある日、警察は何月何日を以て廃止す、再び登庁するを許さず、と命ぜられれば、それ切り警察は消滅する。

七百万の大軍を擁した彼の帝国陸海軍ですら、左様にして両総長 両大臣以下、自然廃官になった。
まこと敗戦は悲しからずや。

たまりかねた警察が密かにやくざに頼み込み
「浜松大戦争」になった訳だが、「小戦争」は日本中に頻発した。

最後の頼みの綱は連合国軍であったが、遂にはその憲兵隊でも手に負へぬ非常事態に立ち至った。

それでさすがに米軍も腹に据えかね、
日本本土全域の占領を担当していた

米第八軍司令官アイケルバーガー中将が、
関東と言はず関西と言はず、はたまた北九州と言はず、

不良朝鮮人活動地域に正規戦闘部隊の大軍を出動させ、
街頭に布陣して簡易陣地を築き、重装甲車両を並べ、

人の背丈程に大きな重機関銃を構へて不良朝鮮人共にピタリと狙いをつけ、
ようやく鎮圧した。我々はその火器のきらめきを間近に見た。

この時、連合軍総司令官ダグラス・マッカーサー元帥の発した布告が、
「朝鮮人等は戦勝国民に非ず、第三国人なり」と言い声名で、これぞ「第三国人」なる語のおこりである。

だから、外国人差別用語なはずは無い。
彼等自身、マッカーサー元帥以下、一人残らず皆、外国人ではないか。

連合国軍総司令官は、日本人に対してこそ絶大な権勢を振ったが、
本国や同盟国、対日理事会や極東委員会に気を使わねばならぬ外交センスの要る役職であった。

何人にもせよ、敗戦国民以外を、声名発してまで差別なんぞする筈が無い。

「第三国人」の語は、国際法に則って説いた技術的専門用語に過ぎない。

終戦後の朝鮮人の横暴は目に余るものであった。

東京のど真ん中、銀座の交番に於いてさえ、
朝鮮人を注意した巡査が複数の朝鮮人の襲撃を受け裸にされ警棒を尻に突っ込まれると言う乱暴を受けた。

当時の日本警察は拳銃の携帯が許されておらず、
朝鮮人の横暴を止められなかった為、政府はマッカーサーに請願した。

これを受けて述べたのが、マッカーサーの「朝鮮人は戦勝国ではない第三者だ」と言う三国人発言である。

1950年にGHQは日本占領を終結し、解放し、実質的に戦後は終わったとされています

その際に朝鮮人は日本籍を剥奪され、韓国籍として朝鮮に帰れと命令しました。
不要の朝鮮学校と民団総連も廃止し解散請求しました。


すると在日朝鮮人は、なにを履き違えたか「我々は先勝国民であり日本を統治する立場だ」と叫びだし、
革命を叫んで、公共施設の不法占拠し火炎瓶や武器で武装して決起したのです。

警察も拳銃で対抗し射殺された人もでました

警察では対処できなくなり、
GHQは軍隊の動員をして戦後初の戒厳令を敷いて朝鮮人による暴動を平定しました。

この戦後初の戒厳令が敷かれた朝鮮人動乱(正式名がない)事件は、

日本の歴史からスッポリ抜けています。


死人も出ている事件なのに、日本の教科書には掲載されたことはありません
(日本各地で勃発しました、栃木や浅草などは戦場状態です)

逆に朝鮮民族学校の教科書には差別と弾圧として掲載され教育されています。

勿論、被害者側としてであり、立ち上がったのは国籍条項と朝鮮民族学校の廃校に対する抗議としてであると述べています。

日本人として、在日朝鮮人への危機感は常に持つべきですね。

言っておくが日本国内だけではない。

朝鮮半島を朝鮮を近代化させて、
恩あるはずの我ら先人の日本人を集団で襲って、
強姦強盗不動産窃盗と悪の限りを尽したのを皆忘れてしまったのか。

多くの日本人は、朝鮮人に襲われ、無念にも命を落とし、帰れなかった人は数知れない。

彼らの悔しさを思うと、日本人の敵朝鮮人に参政権という言葉は決して出てこないはずである。

このことを誰も伝えようとしないが、事実は決して消える物ではない。


朝鮮人の日本人に対する犯罪は、触れては成らない理由があるのか不思議な日本人達だ。

************************************

在日の戦後の悪行集詳細

http://www.geocities.co.jp/WallStreet/2463/sangokuzin.htm#fuhoukoui

当時の在日コリアの検挙率の異常な高さ

「在日朝鮮人に関する総合調査研究」 朴在一 新紀元社 1957年

15~59歳の男女人口を犯罪年齢人口とすると、
刑法犯、特別法犯の検挙人員は合計3万7276人(1949年)であるから、

在日朝鮮人の成年男女の100人のうち、14.4人が検挙されたことになる
外国人登録法違反による被検挙者数まで入れると、
この数字はもっと増えて100人当たり20.2人になる。

このほかに道路交通法違反による検挙者1万9332人もいる。
それ故に大都市警察の留置所が、何時でも朝鮮人で一杯であるという事も否定し得ない悲しむべき事実であろう。

************************************

就職差別で在日がヤクザになったと言う嘘と朝鮮進駐軍の悪行について
山口組三代目組長 田岡一雄の自伝から参照

◆「山口組三代目 田岡一雄自伝」2006年 
徳間書店 149~150頁

山口組を日本最大の組織に変えた田岡一雄

彼らは闇市を掌握して巨大な利益をあげ、
徒党を組んでは瓦礫と焦土の神戸の街を闊歩していた。
通りすがりの通行人の目つきが気に食わないといっては難くせをつけ、
無銭飲食をし、白昼の路上で集団で婦女子にいたずらをする。

善良な市民は恐怖のどん底に叩き込まれた。

こういった不良分子は旧陸海軍の飛行服を好んで身につけていた。

袖に腕章をつけ、半長靴をはき、純白の絹のマフラーを首に巻きつけ、肩で風を切って町をのし歩いた。

腰には拳銃をさげ、白い包帯を巻きつけた鉄パイプの凶器を引っさげた彼らの略奪、

暴行には目にあまるものがあった。警官が駆けつけてきても手も足も出ない。

「俺たちは戦勝国民だ。敗戦国の日本人が何をいうか」

警官は小突き回され、サーベルはヘシ曲げられ、街は暴漢の跳梁に無警察状態だ。

(略)

一瞬、ぎくりと立ちどまり、悲鳴のあがる方角に走った。

途中で四、五歳の女の子が泣きながら夢中で駆け寄ってきた。

「どないしたんや」

「おかあちゃんが、おかあちゃんが」

少女は私に泣きじゃくりながらしがみつく。

この世のものとは思えぬ女の狂気じみた悲鳴がきこえつづけていた。

「ここにいるんやで。ええな」

私は少女をその場において一目散に走った。

少女の母親は木立の中で数人の男に犯されていた。飛行服の男たちだった。

*元は、博徒や的屋(テキヤ)に過ぎなかった日本ヤクザは、
朝鮮人との抗争を経て団結と統合を繰り返し、巨大組織へと発展したのである。



日本人から略奪した物資を売りさばき開店資金を工面
いま全国に約一万八千軒あるパチンコ店のうち、
在日および帰化者二世・三世を含む)が経営する店の割合は、
六割とも七割とも言われる。
三軒に二軒は、オーナーが韓国・朝鮮系ということなのである。
パチンコ台の製造メーカーにも、最大手の「平和」を筆頭に、韓国・朝鮮系の経営者が名を連ねている。


パチンコが全国に広まり大衆的な人気を博するのは、明らかに日本の敗戦直後からである。
身近に安価な娯楽がなかったためという理由ばかりではない。

焼け跡闇市の時代の庶民を何よりも魅了したのは、景品に出されるタバコだった。
配給制で常に不足がちなタバコが、強力な呼び水となって、戦後最初のパチンコ・ブームを巻き起こしたのである。

かくしてパチンコ店は雨後の筍のように増えていくのだが、
当時、開店資金をどのようにして工面したのか、
その経緯が在日自身の口からおおやけにされることも、
私の知るかぎり絶無と言ってよかった。

『こんなことを話す人間は、ほかにおらんだろうね』 と前置きして、キムが語る。

『闇市で儲けて、それからパチンコ(店経営)に走った人が多いんですよ。
じゃあ闇市で何をして儲けたかというと、結局、ヒロポンと贓物故買(ぞうぶつこばい)だよね』 
密造した覚醒剤を売りさばいたり、盗品の横流しをしたりして、
短期間のうちに大金を作り、それをパチンコ店開業に振り向けたというのである。
『そういううしろ暗い過去がなかったら、カネなんていうものはそんなに貯まらんですよ。
うしろ暗い過去があるから、人にも言われんわけでね』

************************************

(「コリアン世界の旅」 野村進 1996年 講談社 より)

●なぜ日本にだけパチンコ屋があるのか?

今から70年ほど前、日韓併合後に朝鮮人は自らの意思で日本に渡ってきた。

その後日本は第二次世界大戦で連合国(米・英・オランダ・支那・オーストラリア)と戦争に突入。

英・オランダ・支那・オーストラリアには勝ったものの米に敗北し、ポツダム宣言を受け入れ連合国に降伏した。

すると朝鮮人たちは「我々は戦勝国民」であると主張し、「朝鮮進駐軍」を名乗り、各地で暴れ始めた。

日本の男たちは戦場に駆り出され、残っていたのは女、子供、老人ばかり。

朝鮮人はやりたい放題で、駅前の一等地は朝鮮人に襲撃され占領された。

もちろん、そこに住んでいた日本人女性は容赦なく強姦され追放されたのです。

当然、日本人は朝鮮人を強く憎むようになった。

そのため、在日朝鮮人は日本名を名乗るようになった。

朝鮮名を名乗ることは自分が犯罪者だと宣言しているようなものだったからだ。

その後、朝鮮人達は共産主義者と組み、マスコミを使って歴史の捏造を始めた。
「強制連行されて来た」「土地を奪われて仕方なく来た」等など。

そして強姦・殺人犯罪を謝罪するどころか、土地を占拠し続けながら、
「俺たちは何も悪いことをしていないのに差別される」
「不当な差別を受けている」などと宣伝し始めた。

「朝鮮進駐軍」を知らない若い世代の日本人たちは在日に対して、罪悪感を持つようになった。

そして在日たちは日本人から奪い取った一等地で商売を始めた。
それがパチンコである。

今でもパチンコ業界の8割が在日が経営者である。
パチンコ業界は今や30兆円産業と言われている。

なんとあの日本が誇る自動車産業より上なのだ。
だが自動車産業とは違いこのパチンコ業界は、日本が誇るどころか日本が恥ずべき業界なのだ。

なぜならパチンコ業界は経営者の脱税と、北朝鮮への不正送金・犯罪の温床など日本人にとって極めて不利益になる事ばかりをしている。

「日本のパチンコがある限り我が国は安泰だ。」(金正日)

日本の政治家や警察にもパチンコの金が流れている。

だから「パチンコ・パチスロはギャンブルではない娯楽だ。」
などという、馬鹿げた論理がまかり通っているのだ。

しかし祖母や曾祖母が朝鮮人に強姦された場所で、今の奴らはパチンコやスロットを打つとは・・・・・。

これは「日本人」以前に「人間」として恥ずべき行為ではないのか?

在日朝鮮人が経営するパチンコ屋が駅前に多いのではなくて、パチンコ関係の会社の経営者は在日朝鮮人が殆どです。

それぞれの企業の代表者を調べれば中国式(朝鮮式)の名前です。
名前が日本風であっても通名である場合もあります。
そしてその他の風俗店、焼肉屋などにも多いです。

なぜ強制的に連れて来られたと騙っている彼らが、差別が酷かったと騙りながらも、今のように駅前で莫大な富を生み出す違法な賭博場を開けるまでになったのでしょうか…。

終戦直後、駅前には闇市が出来上がり商売に適した場となりました。

当時、自分達を三国人と称して、自分達には治外法権が認められていると勘違いし、日本の闇市を席巻していたのは朝鮮半島出身者達でした。

彼らは「在日朝鮮人連盟」という自治団体を結成し、その組織の力をバックにやりたい事をやりまくりました。

警察署でさえ武器を手に持ち押し入って、留置所から仲間を連れ出すことさえやってのけました。(全ての朝鮮人がそうであったとは言いません。しかし、同胞の不正に目を瞑っているというのは酷い事です。)


台湾人の朝鮮進駐軍の証言

「お前等四等国民の日本人が我々二等国民である朝鮮進駐軍に指図するとは生意気な」
台湾出身の蔡焜燦(さい こんさん)は昭和20年(1945年)12月に台湾へ帰還することになりました。

引き揚げ列車に乗ると朝鮮人が威張り散らしていたといいます。
蔡焜燦氏は日本の軍服を着ていました。

座席の下に置いていた新品の飯盒が朝鮮人に盗まれ、
それを奪い返そうとすると「なんだお前、朝鮮人をバカにするな!降りて来い」と、

たちまち数人に取り囲まれてしまいます。
勝ち目はないので、「すみません、私の記憶違いでした」と謝り、
難を逃れるしかありませんでした。
佐世保にいくまでの30時間、朝鮮人たちは蔡焜燦氏を含め、
日本人乗客をいびり続け、若い女性がトイレに行こうとすると通路を塞ぎ、
次の駅で窓から降りるよう指示するなどの横暴を続けていました。
同氏は、はらわたが煮えくり返る思いで眺めていたといいます。


************************************

朝鮮進駐軍の非道横暴

朝鮮人の横暴はエスカレートし、闇市に進出し、
旧軍の倉庫から奪った自動小銃で武装し始めます。
こうなってくると警察もお手上げで軍隊は解散しており、阻止できる武力はなく、
強盗、放火、土地の不法占拠、強姦とやりたい放題です。GHQはある程度黙認しています。
民族間を争わせてその上に君臨するという白人のデバイドアンドルール手法です。

昭和21年10月に組織された在日朝鮮人連盟は極左暴力組織へと変貌していきます。
そして日本共産党の指導により労働争議への介入、
交番焼き討ちなどのテロ行為を行っていきます。

昭和23年にはGHQの指示により文部省が在日朝鮮人にも教育基本法に基づく教育を指導したところ
民族弾圧として大阪府庁、兵庫県庁に突入し、破壊行為を行い、

翌年、暴力主義団体の指定をうけて解散となります。
しかし、この残党は日本共産党に利用され、朝鮮戦争勃発後、

昭和27年にに皇居前にデモ隊を突入させます。(約半数が朝鮮人) 
朝鮮半島への軍事輸送拠点をデモ隊が襲う事件もおこっています。
朝鮮戦争勃発により国内の米軍を補完する目的で誕生した

昭和25年の警察予備隊(昭和27年保安隊、後自衛隊)は
これらの共産党、および朝鮮人の動きとは無関係ではないでしょう。
そして、これらの朝鮮人組織は現在
民団(在日本大韓民国民団)と総連(在日本朝鮮人総聯合会)に至っています

陸だけでなく海でも日本の漁船は韓国の警備艦艇によって拿捕され抑留されています。
233隻2,791人に及びます。抑留生活は奴隷的扱いであり長い人で3年に及びました。

 
現在ではこれらの事実は封印され、朝鮮人とそれを利用する者たちにより、
「従軍慰安婦」「強制連行」が捏造され、被害者ビジネス、差別ビジネスが展開され、
これらの利権に政治家が巣食っています。


参考文献

  • オークラ出版「拉致と侵略の真実」
  • 『朝鮮進駐軍と三国人』詠清作
  • 『ヤミ市を支配した朝鮮ヤクザ』野村旗守
  • 在日の強制連行の嘘
    http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n222875
  • 政治家の利権、パチンコ依存症、脱税、北の資金源など有害なパチンコ業界
    http://blog.goo.ne.jp/mar7sa/e/395583b151c7338bad5012a0ec52cded
  • 朝鮮総連は拉致と核開発に関与した北のスパイ
    http://blog.goo.ne.jp/mar7sa/e/14997c25708b4804cc7a3b0fcfb9bd80
  • 在日特権一覧
    http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n224338
    戦後の混乱期、在日が暴れていた自治体に在日特権が多いのが特徴長田区役所襲撃事件が有名


************************************


BwRvGMsCUAE-vRi-r.jpg
1923年・朴烈事件:民潭創設者::::朴烈が起こした天皇暗殺未遂テロ
中国共産党秘密文書記最終目的は「天皇の処刑」
辻元清美等が声高に叫ぶ、「天皇には伊勢にでも行ってもらって・・・皇居跡地は朝鮮人施設を・・・」

『閲覧注意!原爆投下後の広島の画像』

94e26204_20160830140858e76.jpg               
↑↑↑↑↑
北朝鮮が配信した東京のシミレーション 
週プレNEWS 2月23日(火)6時0分配信
脱北者たちが明かす北朝鮮ミサイル実験「日本は簡単に焦土にできる」



************************************

もし「安全保障法案」がなかったら
朝鮮人が日本人にしてきたこと
暴動、略奪は朝鮮人の習性を知ろう


在日朝鮮人の始まり

戦後の歴史から消される朝鮮進駐軍と在日本朝鮮人連盟が関わる事件
【村田春樹】
日本の敗戦以後、暴虐の限りを尽くした-三国人の真実の歴史


これ等に対して日本政府は何故ここまで無力なのか。

「災害を恐れるな正しく備えよ」

「9条」がある限り横田めぐみさん等、「拉致被害者」は救えない

立ち上がろう日本人


「安全保障法案Security bill」を「戦争法」とすり替えて洗脳する「9条の会」吉永小百合等
「安全保障法案Security bill」反対をヒステッリックに叫ぶ、「9条の会」吉永小百合等
は中国を喜ばせ中国の侵略を助けている。

ブルジョア育ちの吉永小百合(年収数10億反日映画専属女優、
スポンサーにちやほやされて、現実の国民生活を知らない、シャープも売られた
(この時のギャラは関係筋からは三ケタ億ともいわれている。その一部がミサイルに使われている?かもしれない。)

ともあれ普通に勉強していればあのような行動にはならないであろう。
日本を大失敗に導いた「五族協和」を主張した超国家主義者

吉永小百合の言葉に洗脳され日本人は追い詰められこのままでは日本国はなくなってしまう。

参考:「赤い文化人」共産党シンパ
吉永小百合「キューポラのある街」の原作者・早船ちよは共産党員、
この作品は、北朝鮮帰還問題、中小企業労働者の労働問題などを強調しており、
改めて、国民を特定の思想・世論・意識・行動へ誘導する意図を持った「プロパガンダ映画」。
日本共産党と「在日朝鮮統一民主戦線(後の朝鮮総連)」は一体となって、
「地上の楽園(ユートピア)」北朝鮮体制の優位性を誇示する目的をもって演出した映画。

確信を持って語っていた、「あっちは、いいんでしょ。北鮮は社会主義の国で、
目ざましく発展しているらしいわね」、
「一人が五歩進むより、十人が一歩進む方がいい」。
脚本の今村昌平は生前、「『北朝鮮は天国のような大変良いところだ』とデタラメを書いてた」と反省していた。
映画音楽を担当していた黛敏郎はのちに保守に転向している。



tyousennmasuzoe.jpg  yosinaga2.png 
yosinaga8.png yosinaga7.png

yosinaga6.png yosinaga5.png
インタビューは「皇室並み」でと注文、貧しき者の味方を装った偽善者やっぱり共産党、北朝鮮金王朝と同じだ!

日本共産党員の7分の1は朝鮮人だった!

  • 在日朝鮮人が日本共産党中央委員だった
    金 天海(キム・テンカイ) 在日朝鮮人 日本共産党中央委員           
    在日本朝鮮人連盟最高顧問
  • 共産党 衆議院議員 池内沙織(池内さおり)
  • 共産党 神奈川県  ごとう真左美(後藤まさみ)
  • 共産党員の家で「★女子高生コンクリートリンチ殺人事★」
  • IS(ISIL)が、日本のサヨク在日朝鮮人のデモをtwitterで紹介
  • 『日本に潜る赤い朝鮮人』日本共産党
  • 日本共産党SNSカクサン部


kuzutilyon_1-t.jpg  kuzutilyon_baka_5-t1.jpg


b_simple_51_2M.jpg


池田信夫 blog2014年06月20日01:31

福沢諭吉の「脱亜論」http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51902042.html

22c3871c1196b9e6ed41b7d4a41604d1.jpg 140519-7-1.jpg

中韓の民度が低いというと「ヘイトスピーチだ」とかいう下らないコメントがわいて来るので、
今週の言論アリーナでもいった福沢諭吉の「脱亜論」を紹介しておこう。
これは1885年に『時事新報』に書かれた無署名の社説で「入欧」という言葉はなく、
厳密には福沢が書いたかどうかわからないが、彼の主張と一致している。

支と韓と相似るの状は支韓の日に於けるよりも近くして、
此二國の者共は一身に就き又一國に關してして改進の道を知らず。
[…]此文明日新の活劇場に教育の事を論ずれば儒教主義と云ひ、
學校の教旨は仁義禮智と稱し、一より十に至るまで外見の虚飾のみを事として、
其實際に於ては眞理原則の知見なきのみか、
道徳さえ地を拂ふて殘刻不廉恥を極め、尚傲然として自省の念なき者の如し。

中韓の距離は日本より近く、どっちも改革を知らない。
教育は儒教主義で外面の虚飾だけを重んじるが、実際には科学を知らないばかりか道徳も知らず、
残酷で恥知らずで傲慢で反省もしない――これは今なら放送禁止の「ヘイトスピーチ」だが、
彼の中韓への愛情が裏切られたことによる絶縁宣言だった。

今の北朝鮮のような状態だった李氏朝鮮を清の支配から独立させて近代化しようという
金玉均など改革派の高級官僚は、福沢のもとに留学して日本の制度を学んだ。
福沢もそれを支援したが、彼らの改革は清の袁世凱に弾圧されて挫折し、
金はクーデタに失敗して殺される。福沢はこれに絶望して、中韓と縁を切るべきだと主張したのだ

これはのちの北一輝や大川周明が「アジアとの連帯」を重視したのとは対照的だ。
北は国民党の宋教仁と連携して「東洋的共和制」を実現しようとしたが、
宋は袁に暗殺され、軍閥の割拠する中国に日本は引きずり込まれてゆく。
日本を大失敗に導いたのは福沢の脱亜論ではなく、「五族協和」を主張した超国家主義者だった。

日本の外交も「東アジア共同体」のような幻想は抱かず、
互いにわかりあえないことを理解し、福沢のように「隣國なるが故にとて特別の會釋に及ばず、
正に西洋人が之に接するの風に從て處分す可きのみ」と割り切って妙な贖罪意識は捨て、
対抗措置を取るべきときは取る常識的な外交をしたほうがいい。


************************************

こういうことが理解されていての言動とは思えない稚拙さ

伊藤は、亡くなる1か月前に高杉晋作の顕彰碑に、
「動けば雷電の如く、発すれば風雨の如し、衆目駭然として敢えて正視するものなし。
これ、我が東行高杉君に非ずや」で始まる碑文を寄せている。また、
ハルビンで暗殺される前の歓迎会でのスピーチで「戦争が国家の利益になることはない」と語っている。

明治42年(1909年)10月26日、ロシア蔵相ウラジーミル・ココツェフ(ココフツォフ)と
満州・朝鮮問題について非公式に話し合うため訪れたハルビン駅で、大韓帝国の民族運動家・安重根によって射殺された。


「日本は韓国を合併するの必要なし。韓国は自治を要す。」と演説していた
1905年11月22日、投石により韓国内で負傷する。
1907年7月、京城(ソウル)にて新聞記者達の前で「日本は韓国を合併するの必要なし。」と演説する。
日本の政策への韓国国民の恨みを買うことになり、朝鮮人・安重根による暗殺に繋がった。



b_simple_51_2M.jpg



主に他人に対する優しさを表し、儒教における最重要な徳として古代から現在に至るまで中国人の倫理規定の最重要項目となった。孔子は君子は仁者であるべきと説いた。孟子は惻隠の心が仁の端(はじめ)であると説いた。惻隠の心とは同情心のことであり、赤ん坊が井戸に落ちようとしているとき、それを助けようと思う心と説いた。
仁と義を合わせて、仁義と呼ぶ。


正しい行いを守ることであり、人間の欲望を追求する「利」と対立する概念として考えられた(義利の辨)。孟子は羞悪の心が義の端であると説いた。羞悪の心とは、悪を羞じる心のことである。


さまざまな行事のなかで規定されている動作や言行、服装や道具などの総称。春秋戦国時代、儒家によって観念的な意味が付与され、人間関係を円滑にすすめ社会秩序(儒家にとっては身分制階級秩序)を維持するための道徳的な規範をも意味するようになった。


物の道理を知り、正しい判断を下す能力。


欺かない事。偽らない事。忠実なこと。まこと。


b_simple_51_2M.jpg



【解答乱麻】教育も綺麗事だけで収まらぬ 元高校校長・一止羊大 

正直を尊び、子供に「ウソつきは泥棒の始まり」と教える日本では、論語の教えは正直を尊ぶ気風に沿った人倫徳目として受け止められ、人生の指針とされてきた。日本実業界の父と評される渋沢栄一は、論語を言葉や行動の規範にしてきたことを著書『論語と算盤(そろばん)』で繰り返し述べている。

 だが、論語の本家である中国やその影響を強く受けている韓国では、論語を日本人が考えるような徳目としている様子は微塵(みじん)も窺(うかが)えない。平気でウソをつき、歴史をねじ曲げ、他国を誹謗(ひぼう)圧迫して、少しも恥じるところがないかのようだ。歴史を政治の道具とし、日本に押しつけてくる歴史認識は史実離反の欺瞞(ぎまん)と詭弁(きべん)に満ちている。

 第二次大戦後に中国・韓国が行ってきた反日・侮日・抗日の行動を幾つか拾うだけでも、このことが具体的に見えてくる。-「南京大虐殺」を捏造(ねつぞう)し、70年代になって尖閣諸島を自国領だと主張し始め、反日暴動や破壊、領土・領海・領空侵犯を繰り返し、日本領土上空に防空識別圏を設定して恫喝(どうかつ)するなど、わが国を圧迫し続けている中国。日本領の竹島を理不尽に奪って不法占拠し、「従軍慰安婦物語」を演出拡大して「反日」を世界にまき散らし、解決済みの各種補償問題を蒸し返しては金銭をたかるなど、ウソも百回言えば真実と言わんばかりのしつこさで反日に明け暮れている韓国。

 この頑迷さはいったい何に由来しているのだろうか。

雑誌『歴史通』(平成21年3月発売号)の「中国人はなぜ平気でウソをつくのか」と題した対談記事の中で、工学博士の林思雲氏(中国出身)は、儒教について「中国では正直であることはあまり重要じゃない。…国家や家族のために不利なことは事実を曲げてでも隠さねばならない」「そのために積極的に嘘をつくことは倫理的に正しい行為なのです」などと述べている。

 129年も前に福沢諭吉は、「脱亜論」として知られる『時事新報』の社説で、固陋(ころう)な儒教文化の支那(清)、朝鮮(李氏朝鮮)を「外見の虚飾のみを事として、…真理原則の知見なきのみか、道徳さえ地を払って残刻不廉恥(ざんこくふれんち)を極め、尚傲然(ごうぜん)として自省の念なき者の如し」等々と評し、「アジア東方の悪友を謝絶するものなり」と記している。

 日本では、他国を侮蔑語で呼ぶことなど一般的に考えられないが、儒教精神を反映しているのか、中国や韓国では日本や日本人を侮辱する「鬼子」「チョッパリ」などといった言葉が学校教育の場でさえ使われているという。

 中・韓の頑迷固陋で身勝手な振る舞いは、どうやら論語や儒教文化に背景がありそうである。日本人が論語を人倫徳目として受け止めるのは、日本古来の和の精神や生真面目な国民性に由来するとの指摘もあるが、隣国の現実を見れば、違った角度から少し冷めた目で考え直してみることも必要ではないだろうか。

 日本の学校では善隣友好を旨とし隣国の不都合なことに触れない傾向が強いが、それで本当に教育の責任が果たせるとは思えない。日本の価値観だけで世界を観(み)ることを戒めながら、事実に基づいて隣国の不都合な真実を子供たちに教えていくことも教育の大切な役割だと私は思う。教育も綺麗事(きれいごと)だけで収めてはいけないのである。

                   ◇

【プロフィル】一止羊大

 いちとめ・よしひろ (ペンネーム)大阪府の公立高校長など歴任。著書に『学校の先生が国を滅ぼす』など。


b_simple_51_2M.jpg


在日朝鮮人のルーツについて質問です。
戦時中に労働者として強制連行された朝鮮人が現在の在日韓国人だとニュースで見ました。
でもちょっとおかしいんです。
祖父から聞いた話しをきいて下さい。

当時祖父は高校生でした。戦後の焼け野原だった街に大量の朝鮮人が押し寄せたそうです。
朝鮮人の強奪や暴力が横行していてとても恐ろしかったそうです。
駅前などの立地条件の良い土地を奪われた人が何人もいたそうです。
祖父の父は勝気な人で、所有していた土地を奪われたけど裁判で取り返したそうです。
いくら戦争に負けたからってそんなことがあるのでしょうか。
勝手に住まれたらおしまいってどういう事でしょうね。
祖父は嘘をつく人ではないです、ボケてもいません。他にもたくさん聞きました。
なのにニュースと祖父の話しが噛み合いません。
気持ち悪いです。

************************************


日本は1910年に滅びる寸前の大韓帝国を併合しました。

併合した理由は、朝鮮半島が大陸から日本に向かって突き出た形状をしており、大韓帝国が滅亡し朝鮮半島が無人化するとそのあとにどんな国家が誕生するか想像がつかないからです。
朝鮮半島からは、船で日本の様々な場所に上陸でき日本が防衛することが困難だからです。

併合後は、朝鮮より日本の暮らしの方が圧倒的に豊かであり、人々が日本に移住を図るため渡航が禁止されましたが、密航者が絶たず戦前には日本に住む朝鮮人は60万人に達しました。
戦争中は混乱状態で260万人まで膨れ上がり、敗戦で多くの人が朝鮮に帰り60万人が日本に残りました。※(これが在日朝鮮人のルーツですが、1965年の日韓基本合意の際に在日特権が与えられ正式に在日朝鮮人が発生しました)
この日本に残った朝鮮人が「我々は、戦勝国だ。敗戦した日本を懲らしめる」と言って暴力をふるったのです。

戦争で多くの役所も焼け、(書類が消失して)土地の所有が曖昧だった場所(特に駅前の好立地)が違法占拠されました。
パチンコ店の多くはこの時占拠された土地です。


おじいさんの話は本当です。
強制連行の話が間違い(あったのですが、数百人という少数で、戦後に全員帰国しています)で、「警察署の焼き討ち等の朝鮮人の暴力行為」は本当にあったことです。



※ 60万人の方が日本に残った理由
多くの朝鮮人は戦争が終わると朝鮮に帰国しました。
しかし、1948年に韓国(大韓民国)が誕生し李承晩の大統領就任が決まると、李承晩は以降の在日朝鮮人の帰国は認めないと宣言したため60万人の人は帰国できなくなりました。(1945~1948年に帰国した方は帰れました)
もちろん、自分で選択して残った方もいると思います。


質問した人からのコメント
2016/10/18 08:01:58
当時日本人を差別して支配しようとしたという事ですね。その考えが子孫にまで受け継がれているから特別扱いされて当然で普通の対応だけでは満足できずに在日は差別されていると言い出すのですね。

************************************

戦後の朝鮮進駐軍の事でしょう。

『 戦後の治安が整っていない空白を良いことに、「朝鮮進駐軍」と名乗った在日は土地の不法略奪、金品略奪、強姦、銀行襲撃、殺略、警察襲撃など暴れ放題の限りを尽くしていた。』とあります。

http://matome.naver.jp/odai/2137740076773089301


彼らは自分らのしてきた事を棚に上げ、従軍慰安婦を語る資格はないのです。
しかも、国内での背乗りや数々の犯罪を到底 許す事は出来ません。

************************************


日本がアメリカに敗戦した時、それまで日本国籍を有していた朝鮮人が、日本国籍を離脱させられました。戦勝国の決定でね。

途端に朝鮮人たちは嘘をつき、日本人として共に戦っていたにも関わらず、日本に侵略され、連合国と共に抗日戦争を戦っていた・・・という捏造を始めたんです。

勿論そんなデタラメは連合国にも認められず、韓国内だけで通用する嘘として今日まで続いていますが・・・。

さて、その敗戦当時、そういういきさつで勝手に戦勝国民を名乗り、朝鮮人がすき放題に暴れたんです。当時日本は主権を失っていましたから警察も手も足も出ない状態。
大勢が殺戮されましたよ。交番も襲撃され、警察官が拉致されたりね。その時はヤクザである山口組が立ち上がり、朝鮮人暴徒との間で銃撃戦までやって人質を助けたりって事もありました。

後にさすがの惨状にGHQが重い腰を上げ、米軍によって朝鮮人の暴虐は鎮圧されましたが、その時のことを記憶している日本人も多く、朝鮮人に対する嫌悪の根底となっています。

また、その時までに日本にいた朝鮮人は帰国事業でほぼすべてが帰国しています。残ったのは僅かに、日本で暮らすことを選んだ朝鮮人だけです。まあ、朝鮮人といっても全員がキチガイ・・・というわけでもなかったので。

しかし朝鮮戦争が勃発し、日本がまだ主権を回復する前に、半島から大量の戦争難民が日本に密入国します。

現在、帰化を拒む朝鮮人は大半がこの子孫です。要するに、そもそもが戦争難民であり、不法入国者なので帰化に必要な書類も情報も何もないからです。

それを正当化するために更に朝鮮人は日本に強制連行されたなどの嘘を付いていましたが、これはもう完全に嘘だということが発覚してしまったので今はその点は大人しいですね。とは言っても裏ではこっそりその嘘を吐き続けてますけど。

また、何故ニュースにならないか・・・ですが、上記した嘘に基づいて朝鮮人なら特権を得て当然、日本の被害者であり犠牲者だ・・・という主張に押されて様々な特権を勝ち取ったんです。マスコミなどはとくにその傾向が強く、採用に際して朝鮮人枠などがあったりもしました。

結果的にマスコミの多くはそうした不法入国の在日朝鮮人がかなり入り込んでおりまた、敗戦でGHQに思想統制されたため、事実を知らない日本人が多いことをいい事に、誰も文句が言えない空気を作ったんです。

現在もまだ在日朝鮮・韓国人が最も割合として多いのはTBSも含めて毎日新聞系列です。あとはNHKにも居ますね。他にもまだまだいますが。


************************************


空襲で家人が死んだ[土地に]勝手に所有したり、夫が亡くなった戦争未亡人をレイプして[家に入り込み土地を奪う]と言う事はありましたよ。

鄭大均(首都大学東京教授)の[韓国のイメージ、戦後日本人の隣国観]を読めば、戦後の日本人が[在日]に対して[どのようなイメージ]を持たされたか分かります。

同じ[在日]でも、[在日中国人]は、何故[在日韓国人ほど嫌われてない]のかも考えてみれば?

この[鄭大均]は、[暴力的な在日が、日本人だけでなく《日本で平和に暮らそうとする多くの在日》をも傷つけた]と言っています。

この言葉の意味を考えてみてください。

[鄭大均]は、日本に帰化しましたが、同じ在日の大学教授でもある[朴一]は、[反日は在日韓国人のたしなみ]と言う考え方で、[李明博の竹島上陸や天皇侮辱発言は、李明博が大統領を退任したら、日本人は批判すべきではない]とか、[スポーツや芸能で活躍する在日は、たとえ日本国籍を取得しても《在日として》扱うべきだし、在日犯罪者は《在日である事》を報道すべきてはない]とか、訳の分からない事を言っています。

しかし、姜尚中や朴一が、日本で[大手を振って反日活動できる]事が、日本は[在日に対して寛容な国]と言う証拠でもあると言う事ですけどね

************************************


お祖父さんの言うことが正しいです。

戦後 朝鮮人 朝鮮進駐軍
これらのキーワードで検索してみてください。
恐ろしい歴史がマスコミによって隠蔽されていることが分かります。


b_simple_51_2M.jpg


【ケントギルバート】吉永小百合の考える「積極的平和主義」発言に反論【TRIBE KA】

吉永小百合『報ステ』発言に疑問... Sayuri Yoshinaga's Off-Base..

ニッポンの新常識】 Common Knowledge Revisited㊹

吉永小百合『報ステ』発言に疑問 「積極的平和主義」で戦争は防げない
Sayuri Yoshinaga's Off-Base Statement on Hodo Station: War Not Deterred by "Active Pacifism"

Cartoon artist Shigeru Mizuki passed away on November 30th at the age of 93. Besides his signature work “Ge-ge-ge no Kitaro,” he produced many other works such as “All Must Die in Battle” [rather than surrender], “Rabaul [Papua New Guinea] War Record,” and “Record of a Rout,” all of which depicted the misery of sick and wounded soldiers and carried an anti-war message.

 On the anti-war subject, the other day a very famous Japanese actress whom I also like, Sayuri Yoshinaga, appeared on TV Asahi’s nightly news show “Hodo Station” where she said “I think that not possessing weapons is active pacifism.” The news anchor, Ichiro Furutachi, solemnly nodded in agreement, but I think that way of thinking is mistaken.

 If Japan is to prevent war according to her “active pacifism,” then by the same reasoning a home which practices “active burglar prevention” by not locking the doors will never be robbed, and a woman who practices “active prevention of groping” by not carrying a can of mace will never be assaulted. Not only is that impossible, but it will actually produce the opposite result.

 Japanese are very good at reading people’s feelings and the atmosphere of a situation, but perhaps because they have not been trained in debate techniques, many people are not very good at logical reasoning. They do not recognize logical contradictions or the sidestepping of issues. Because they place excess importance on saving face for their opponent and dislike disrupting human relations, they are unable to flatly state that what someone else has said is wrong.

 They should take a lesson from recent history about countries which do not possess weapons.

 Immediately after its establishment in 1949, the People’s Republic of China (PRC) staged military invasions of Uighur, Tibet, and Inner Mongolia. They took effective control and declared these regions part of their own country. Ethnic massacres and suppression of human rights in these areas are ongoing, but the Japanese media hardly ever reports this situation.

 Mr. Mizuki depicted the misery of war in his works, but the daily life of people who cannot resist oppression due to a lack of weapons is equally miserable. In particular, Japan has already experienced the reality that women are the worst victims.

 Following the war, large numbers of Japanese women were raped by Soviets, Chinese, and Koreans as they fled the continent for Japan. For details, refer to “Futsukaichi Rest Home” or “So Far from the Bamboo Grove” on Wikipedia.

 The American soldiers also committed a large number of rapes starting immediately after occupying Japan. In order to protect Japanese women, the government took the lead in setting up special comfort stations (prostitution facilities) in Tokyo, Yokohama, and throughout the country.

 Due to the censorship imposed by GHQ (General Headquarters of the Allied Forces), many Japanese are totally unaware of these realities.

 If Japan ceases to possess weapons, then we may rest assured that the People’s Liberation Army, which has committed untold atrocities on the Uighurs and Tibetans, will eventually serve up a repeat performance in Japan.


吉永小百合『報ステ』発言に疑問 「積極的平和主義」で戦争は防げない 2015.12.05

漫画家の水木しげるさんが11月30日、93歳で亡くなった。代表作『ゲゲゲの鬼太郎』のほかに、『総員玉砕せよ!』『ラバウル戦記』『敗走記』など、傷病軍人として体験した戦場の悲惨さも、反戦の立場で作品に描いた。

 反戦といえば、日本を代表する大女優であり、私も大好きな吉永小百合さんが先日、テレビ朝日系「報道ステーション」に出演し、「武器を持たないということが、積極的平和主義だと思います」と発言していた。古舘伊知郎キャスターは「そうですね」と応じていたが、私はその考え方は間違いだと思う。

 もし、その「積極的平和主義」理論で日本が戦争を防げるなら、家に鍵を掛けない「積極的泥棒撃退主義」の家庭は泥棒に入られず、痴漢撃退スプレーを持たない「積極的痴漢撲滅主義」の女性は痴漢に遭わないことになる。あり得ないどころか逆効果だと分かる。

 日本人は、人の感情や場の雰囲気を読むことは得意だが、ディベートの訓練を受けないせいか、論理的思考が苦手な人が多い。論理上の矛盾や、すり替えに気付かない。相手のメンツを重んじ、人間関係の悪化を嫌うあまり、正面から「違う」と言えない面もある。

 武器を持たない国がどのようになるかは、近現代史から学ぶべきだ。

 中華人民共和国(PRC)は1949年の建国直後から、十分な軍事力を持たないウイグル、チベット、内モンゴルに軍事侵攻した。実行支配し、自国の一部だと言い出した。同地域の民族虐殺や人権弾圧は現在進行形で行われているが、日本のマスコミではほとんど報道されない。

水木さんは戦場の悲惨さを作品に描いたが、他国に支配され、武器が無いため抵抗できない国民の日常は戦場と同じくらい悲惨だ。特に女性が最大の被害者となることを日本は経験済みである。

 終戦後、大陸から日本に引き上げる途中、数多くの日本人女性が、ソ連人や中国人、朝鮮人に強姦された。詳しくは「二日市保養所」や「竹林はるか遠く」で検索してほしい。

 米軍も進駐直後から、数多くのレイプ事件を起こした。日本人女性を守るため、政府主導で、東京や横浜をはじめ、全国各地に特殊慰安所(売春施設)が開設された。

 GHQ(連合国軍総司令部)の情報統制のため、一連の事実を知らない日本人が多い。

 もし、日本が武器を捨てれば、いずれはウイグルやチベットで暴虐の限りを尽くした人民解放軍が、日本でそれを再現するだろう。

 ■ケント・ギルバート 米カリフォルニア州弁護士、タレント。1952年、米アイダホ州生まれ。71年に初来日。
自著・共著に『まだGHQの洗脳に縛られている日本人』(PHP研究所)、『素晴らしい国・日本に告ぐ』(青林堂)など。



併せて読んでいただけると脈絡が見えてくるものがあると思います。




最後までお読みいただきましてありがとうございます。転載などご自由にお使いください。

<拡散希望>

最後までお読みいただきましてありがとうございます。転載などご自由にお使いください。
b_simple_51_2M.jpg
<拡散希望>