【政治を読む】TVメディアは政治を歪め国民に信じ込ませてきた

”悪が栄えるのは、善人が何もしないからだ” 長期安定政権は国の宝!! 反日は日本から出ていけ➡ 現在もなお日本に仕掛けられるコミンテルンの罠を継承する社会共産主義者共、「最終的に米国を参戦させて疲弊した日・独をそっくり共産主義陣営にいただくのだ。」ヴェノナ文書 日本を洗脳するTBS社長は「安倍を辞めさせる為なら何でもやれ!」⇒加計学園⇒「テレビは洗脳装置。嘘でも放送しちゃえばそれが真実。社会を支配しているのはテレビ。我々によって白にも黒にもなる人間だ」   蓮舫「日本人はどれほど騙しやすいか第二次大戦、中国の粛清略奪の歴史に習って、今後も我らが日本を粛清略奪すると指摘する」とする記述。

福島第一原発から漏れた放射能の広がり

10 2011

【半径約300キロ・メートルの放射能汚染地図を作成】

茨城県南部、千葉県、埼玉県、東京都の一部高濃度放射能汚染
群馬大の早川由紀夫教授作成

福島mapクリックすると拡大します。
↑放射能汚染地図(六訂版-20120302)
http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-473.html


福島2mapクリックすると拡大します。
↑汚染ルートとタイミング(20119月30日改訂)
http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-430.html

群馬大の早川由紀夫教授より
【転載のルール:新聞とテレビへの転載は固くお断りします。これは9月10日鉢呂大臣を辞任に追い込んだ不当な報道に対する抗議です。非商用目的には自由にご利用ください。無料です。商用目的でこの地図ファイルをこのまま利用する場合は有料です(部分切り取りも含む)。この地図に含まれる地図情報を利用して、その上に何か新しい地図情報を重ねたり表現に新しい工夫を施してオリジナル地図をつくる場合は、商用目的でも無料です。】


2011年9月19日
早川由紀夫氏作成の汚染地図とgoogleマップを重ね合わせた地図、
文科省による航空機モニタリングの汚染地図がまとめられている。
ホットスポットなぜ出現…気象と地形の複合要因

福島県伊達市や南相馬市などで、局地的に高い放射線量が測定される「ホットスポット」が現れた理由について、日本原子力研究開発機構の永井晴康グループリーダーは「風向きや降雨量など気象的条件と、山の存在など地形的条件が重なった」と指摘する。


 福島第一原発から放射性物質の大量放出があった3月15日午後、北西方向に放射性物質の雲が広がっていたと見られ、「雲の通過と降雨が重なり、高線量の地域ができた」と話す。

 微粒子の大気拡散に詳しい群馬大の早川由紀夫教授(火山学)は4月上旬、民間による測定や国の公表データをまとめ、同原発から半径約300キロ・メートルの汚染地図を作成した。茨城県南部から千葉県、埼玉県、東京都の一部にかけ、周囲より放射線量の高い帯状の地帯が現れた。

 「一帯は海側から吹く風と、山から下りてくる風が関東平野上でぶつかり、雲を形成して雨を降らせる場所。都の水道水から放射性物質が検出されたのも、これで説明できる」と、早川教授はみる。


【放射能被曝】21日午前中どこでなにしてた?生死を分けるかも~柏市・取手~葛飾・江東ホットスポットライン~
暴走する原発  チェルノブイリから福島へ これから起こる本当のこと

このサイトすべての引用、転載、リンクを許可いたします。

******************************************



✡野田よ、それでも大飯再稼動か

主催者の発表によりますと、今回は過去最高の20万人が参加したということです。
日本のメディアで注目すべきは、やはり東京新聞や報道ステーションでしょうか。
下記は海外メディアの記事。
※ニューヨークタイムス
http://www.nytimes.com/2012/06/30/world/asia/thousands-in-tokyo-protest-the-restarting-of-a-nuclear-plant.html?_r=1
※ロイター通信
http://uk.reuters.com/article/2012/06/29/uk-japan-nuclear-protest-idUKBRE85S0R920120629
※ワシントンポスト
http://www.washingtonpost.com/world/asia_pacific/thousands-stage-anti-nuclear-protest-outside-japanese-pms-office-ahead-of-reactor-startup/2012/06/29/gJQANTgFBW_story.html
※ヒューストン・クリニクル
http://www.chron.com/premium/gallery/Nuclear-protest-in-Japan-45264/photo-3135405.php
※ドイツ新聞
http://www.spreadnews.de/japan-aktuell-loschung-von-tepco-videomaterial-zur-fukushima-krise-soll-verhindert-werden/1122905/
※ジャパンタイムス
http://www.japantimes.co.jp/text/nn20120630a1.html#.T-4X2JHviSp


「東京まで含めてアウトです。」4号機は国際的な専門家、メディアが注視しています。311以降今もなお続く危機。2ページ一番上「報道ステーション・徹底検証:福島第一原発4号機」30分動画あります。
福島原発からの距離が分かる地図
放射能地図1
---------------------------------------------------
福島・浜岡・柏崎刈羽原発からの距離

放射能地図

--------------------------------------------------

puusukeさん|2012.03.14
ドイツ国営放送の福島を巡る独自取材番組をご紹介します。

http://www.zdf.de/ZDFmediathek/beitrag/video/1576888/ZDFzoom:-Die-Fukushima-Luege

和訳してみました。 http://ameblo.jp/pianistin/entry-11191791001.html

tokyogsさん|2011.04.01
東京都文京区の線量計データ 現在地、累積値、アーカイブ
http://tokyogs.blogspot.com/

never_softyaさん|2011.03.24
「ブラウザで動く放射線・放射能の単位換算ツール(簡易)」
http://hp.vector.co.jp/authors/VA047235/radiation.html

geigerさん|2011.03.19
札幌のリアルタイム空間放射線量
http://geiger.web.fc2.com/index.html


clovercさん|2011.03.15
つくば市での計測をご紹介します。
http://www.aist.go.jp/taisaku/ja/measurement/index.html

*********************************************

100万人どころではないチェルノブイリ犠牲者

人口激減に直面する日本

http://www.asyura2.com/12/genpatu25/msg/383.html
投稿者 魑魅魍魎男 日時 2012 年 7 月 05 日 04:48:06: FpBksTgsjX9Gw


まずは、以前阿修羅で紹介された哲野イサク氏のウクライナ、ベラルーシに関するサイトを見ていただきたい。
非常によくまとまった優れた記事である。

http://www.inaco.co.jp/isaac/shiryo/genpatsu/ukraine1.html

ウクライナの人口は、1993年の5217万人から2011年は4566万人と651万人(12.5%)も毎年連続で減少している。
べラルーシも1024万人から948万人、76万人(7.5%)減少。
そして両国とも総人口だけではなく、新生児数も減少、死亡者数も増加している。

隣国のロシアの人口も調べてみたが同様である。
1992年の1億4870万人から2011年の1億4241万人と、629万人(4.2%)も減少している。

http://ecodb.net/country/RU/imf_persons.html
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-afae.html
http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20060621/104822/?rt=nocnt
http://renzan.org/columnist/nishida/jinkogensyo.html

これらの人口統計は政府発表であり、実際はさらに深刻かも知れない。
とくにウクライナがピークから12.5%減であるのに、汚染がよりひどいベラルーシで7.5%減というのは考えにくい。
しかし7.5%でも大変な減少である。

さらに衝撃的なのは、これら三国の近隣諸国でも人口減少が見られることだ。
日本と二、三の国を除けば、前年比で人口が減少しているのはチェルノブイリ周辺国だけである。

Wiki人口増加順リスト
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E3%81%AE%E4%BA%BA%E5%8F%A3%E5%A2%97%E5%8A%A0%E7%8E%87%E9%A0%86%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88

チェルノブイリから500キロ以上も離れたポーランドやルーマニアでも、1990年代前半のピークから
連続して減少している。同じパターンである。

ルーマニア
http://ecodb.net/country/RO/imf_persons.html
ポーランド
http://ecodb.net/country/PL/imf_persons.html

原子力推進派は、経済混乱、貧困化、飲酒、喫煙、肥満、エイズなどが人口減少の原因としているが
全く説得力はない。

確かにソ連崩壊後、90年代前半はルーブル切り下げなどで経済は混乱したが、その後、ロシア、べラルーシ、
ウクライナともGDPは右上がり傾向にある。

http://ecodb.net/country/RU/imf_gdp.html
http://ecodb.net/country/BY/imf_gdp.html
http://ecodb.net/country/UA/imf_gdp.html

経済混乱の度合いは、むしろギリシャやスペインのほうが深刻だが、人口は減少していない。

もちろん飲酒、喫煙、肥満、エイズ等も90年以降の急減の理由にはならない。

これほどの人口急減を説明できるのは、唯一つ、チェルノブイリの放射能汚染しかない。
事故があった1986年から5年後ぐらいから被曝被害が顕著になり、7年後あたりから亡くなる人が急増する。
各国ともその通りに人口が推移しているのだ。

この20年弱で上記三国だけでも1300万人以上減少している。
その他の国を含めたらいったいどのぐらいの数になるのか想像もできない。

チェルノブイリ事故で100万人が犠牲になったと言われているが、これはごくごく控えめの数字だと言える。
実際は何倍も死んでいるだろう。

http://www.youtube.com/watch?v=FCQI_s5U6CE

そして死亡者の何倍もの人が今も被曝障害に苦しんでいるのだ。

蝶々のような形の汚染地図がよく取り上げられるが、あれはクセモノである。
着色した地域以外はまるで汚染がないかのように思ってしまうが、汚染はポーランドやルーマニアを含めた
広大な地域に広がっており、今も多くの住民の健康を蝕んでいるのだ。

http://en.wikipedia.org/wiki/File:Chernobyl_radiation_map_1996.svg


さて日本の場合はどうか。

日本は人口も多く、人口密度もはるかに高い。
チェルノブイリではわずか数ヶ月で石棺を完成させ汚染拡大を防いだが、福島原発は未だに手つかず、
ダダ漏れ状態だ。一説には溶融燃料は地下深く降下しており、もはや回収不可能だとも言われている。

すでに首都圏でも、チェルノブイリ強制避難区域なみの汚染があちこちで見つかっている。
家庭の掃除機のチリから何万ベクレル/kgもの汚染が当たり前のように検出されている。
チェルノブイリより被害ははるかに少ないと思いたいが、その理由は全く見つからない。

日本では、今後50年で団塊および団塊ジュニアが寿命となり人口は3分の2になると言われている。
それに被曝による人口急減が加わったらどうなるか。
恐ろしくて想像したくないが、これが日本を待ち受けている運命である。

哲野氏の記事によれば、ウクライナ、ベラルーシでは10年ほど前から、汚染食品を厳しく制限することで、
やっと人口減少に歯止めがかかってきたという。

日本政府、自治体は食品汚染の基準値をやや厳しくしただけで、決して測定を積極的に行なおうとしない。
危険なことはわかっているのに見て見ぬふりである。

チェルノブイリの汚染被害に詳しいユーリ・バンダジェフスキー博士の言葉が重く響く。

 「このまま情報を隠し続ければ、数十年後に、日本人という国民が本当にわずかになってしまうでしょう」

*******************************************

再来年どころか、すでにもう東京はチェルノブイリ級の放射能レベルにある(リンク紹介)
http://www.asyura2.com/12/genpatu24/msg/158.html

投稿者 馬鹿まるだし 日時 2012 年 5 月 26 日 10:39:12: XrXUVCoFJUfoI

(回答先: 東京湾 再来年4000ベクレルに (NHK)  投稿者 赤かぶ 日時 2012 年 5 月 26 日 07:16:38)


ドイツ放射線防護協会会長がベルリンの講演会の質疑応答で、福島第一原発のことと東京の安全についてこう話していた
http://d.hatena.ne.jp/eisberg/

=================

講演の後の質疑応答で、「事故の被害を食い止めるために何ができるか」という質問が出た。
会長は「原発そのもの はもうどうにもできない。メルトスルーした燃料から放射性物質がじわじわと拡散するのを止める手だてはない。
地下水に到達しないよう祈るのみだ。しかし、一つ、できる ことがある。フクシマ事故による健康被害は汚染された食物による内部被曝が主となる。
全く理解できないことに、日本では現在、おかしな愛国心で汚染地域で生産された食品を食べようというキャンペーンが繰り広げられているが、その一方で、各地で市民計測所が立ち上がっている。これは非常に重要なことだ。しかし、まともな計測器を購入するには金がいる。
メンテナンスにも測定結果の記録にも金がいる。
今、我々ドイツ人が日本人を助けるためにできるもっとも効果的なことは、市民計測所を金銭的に援助することだ」と言った。
放射線防護協会を通して直接、その目的で寄付をすることが可能。反核医師の会でも寄付を集めている。
「東京の危険は実際、どの程度なのですか」という質問も出た。
会長は「東京は安全圏ではない」と回答。「現在の東京の状況は、チェルノブイリのときのキエフと同じようなものだと言える。あのときも、ウクライナ政府はキエフの汚染を認めるわけにはいかず、プルトニウム汚染地図では汚染はちょうどキエフ市の手前で止まっていた。人口の多い首都を避難区域にすることができないから、どうしても汚染の事実を認めないのだ」

=================


【リンク紹介】

文科省ようやく
WSPEEDI予測値(広域汚染状況)の一部を公表

:東京もチェルノブイリ第三区分入りが濃厚に



http://onihutari.blog60.fc2.com/blog-entry-49.html


東京・奥多摩地区がチェルノブイリ汚染地域基準越え! !文部科学省10月7日発表
http://yaplog.jp/ar125/archive/3766

東京駅の線量、チェルノブイリ級!
http://blog.livedoor.jp/blog_6d/archives/3362878.html

東京・葛飾区の公園でチェルノブイリ級最高レベル ホットスポットの衝撃
http://gendai.net/articles/view/syakai/135250

東京・葛飾区にて「チェルノブイリ・居住禁止区域」レベルの放射性セシウム検出 ~東京五輪など絶対ムリ~
http://blog.goo.ne.jp/tarutaru22/e/d61e7ba06cb58b496cf0eb6d9b35836d

チェルノブイリ研究者のバンダジェフスキー博士「東京は人の住むところではない」
http://watch2ch.2chblog.jp/archives/4144349.html

24万Bq/kgという高濃度の「黒い粉」が東京でも見つかった!!
http://news.livedoor.com/article/detail/6559177/

東京・多摩地区で高濃度セシウム!“チェルノブイリ基準”上回る
http://megalodon.jp/2011-1007-1445-35/www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20111007/dms1110071146006-n1.htm

東京都内の農家13軒の堆肥(落ち葉や切った枝で作った)から国の基準を超える放射性セシウム検出、最高値は日野市2,150ベクレル/kg
http://savechild.net/archives/12672.html  

***********************************

✡子供服メーカーミキハウス」木村皓一社長の暴言「 交通事故で100万人以上が死んでる。原発でそんなに死にましたか? 」

7/5 交通事故で100万人以上が死んでる。原発でそんなに死にましたか?

子供服メーカーミキハウス」木村皓一社長の暴言 「原発は危険というけど、(原発が稼働した)この50年で、

「交通事故で100万人以上が死んでるわけです。原発でそんなに死にましたか?
橋下さんは、ただ単に注目を浴びたいだけだと思いますよ。
実際、大停電が起きたら誰が責任取るのかと言いたいですわ」



http://blog.livedoor.jp/ryoma307/archives/6370241.html
2012年07月05日00:00 Nuclear F.C : 原発のウソ


民主も自民もついでに財界もこうしてぶっ潰す 橋下徹 反乱軍を鎮圧する

2012年07月04日(水) 週刊現代 経済の死角
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/32897

消費増税で永田町が混乱するのと同時に、橋下叩きが激化している。増税、原発再稼働・・・・・「腐った統治システムの破壊者」を自任する橋下氏が潰れて笑うのは誰か。〝反乱軍〟の背後に敵の正体が見える。


制御不能の人間兵器


「橋下さんは国政に出ると言ってるでしょ。調子に乗るなと言いたいわ」

永田町の政界が、消費増税問題で大揺れする中、その動向に再び注目が集まっているのが、橋下徹・大阪市長だ。内紛状態の民主党は、もはや党としての体を成しておらず、分裂・消滅は秒読み段階にある。


 もし、近い未来に解散・総選挙が行われた場合、橋下氏はどんな決断を下し、行動するのか。中央の動揺が大きくなればなるほど、同氏の存在感は増していく。ところが、そんな大阪市長に、冒頭のように「ダメ出し」をするのは、三起商行(ミキハウス)社長の木村皓一氏である。


 木村氏は'08年の大阪府知事選で橋下氏を擁立、その後も「経済人・大阪維新の会」の副会長として支援を続けてきた。橋下氏にとっては恩人というべき人物の一人であり、同時に財界ブレーンの一人でもある。


 そんな木村氏が、橋下氏に対して公然と苦言を呈している。

「橋下さんは大阪都構想などについては、期待通りの働きをしてくれていると思います。しかし、誤算がありました。いつのまにか府市の顧問団とやらを50人くらい集めてしまって。


 原発反対派で、経産省の言うことには何でも反対の古賀茂明氏が筆頭です。原発反対、節電と言っても、それで大阪はどうするのですか、と。経営者にクビくくれと言いたいのですか。


 原発は危険というけど、(原発が稼働した)この50年で、交通事故で100万人以上が死んでるわけです。原発でそんなに死にましたか?橋下さんは、ただ単に注目を浴びたいだけだと思いますよ。実際、大停電が起きたら誰が責任取るのかと言いたいですわ」


 なぜ原発の再稼働に反対したのか。大阪の産業を守る気はないのか。過度の節電や不意の大停電で一般市民に犠牲が出たら、橋下市長はどうするつもりか---。ここ最近、各所で噴出している批判の声だ。


 当の橋下氏自身が停電の可能性を完全に否定できず、容認に転じたのだから、いかにも、もっともに聞こえる。だが、そうした理屈は、決して本質を語っているわけではない。前出の「経済人・大阪維新の会」関係者の一人は、こんな〝ホンネ〟を漏らしている。
以下略

参考ブログ:ざまあみやがれい!
http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65813495.html
----------------------------------------

お母さん達の子供服不買運動の心配はしなくていいのかしら・・・



最後までお読みいただきましてありがとうございます。転載などご自由にお使いください。
b_simple_51_2M.jpg
<拡散希望>


Post comment

管理者にだけ表示を許可する