【政治を読む】TVメディアは政治を歪め国民に信じ込ませてきた

蓮舫中国共産党と吉永小百合。日本を内側からとりこむ『基本的に中国人は全員スパイと考えた方が良い。人種偏見などではなく、中国の社会制度がそうなっているからです。中国が急に「有事」と定めたら、日本に送り込まれた中国人たちが暴動を起こし 略奪殺人強姦放火等々の日本破壊が始められるように、全員が工作員となるように定められている。「中国、日本共産党と在日韓国朝鮮人が引き起こしてきた謀略の数々」

石原慎太郎の 国民への脅し 

03 2012

石原慎太郎、国民を騙し続けてきた汚い手口

2001年5月25日の定例会見で、
東京電力柏崎刈羽原発のブルサーマル計画への賛否をめぐり、
新渇県刈羽村で5月27日に行われる住民投票で

否定的な結果が出ることへの懸念を表明して

【原発推進、核兵器保有論者です私は】

差別主義者・悪質政治家石原慎太郎の正体-言動録-

【原発推進論者です私は】 
石原慎太郎の 国民への脅し 

一部の反体制の人たちがたきつけて、日本をぶっこわしちゃおうということだ
(2001年5月25日の定例会見で、東京電力柏崎刈羽原発のブルサーマル計画への賛否をめぐり、
新渇県刈羽村で5月27日に行われる住民投票で否定的な結果が出ることへの懸念を表明して)

「国家の存否にかかわる」
「投票にさらされることで計画が挫折すると、日本の産業経済は瓦解する」


*************************************

(2001年5月28日、反対が過半数を占めた住民投票の結果を受けて)

「一部の反体制の人たちがたきつけて、日本をぶっこわしちゃおうということだ」

*************************************

(プルサーマル計画に反対する声が出ていることについて)

「わけの分からない理屈だ」
「日本の原子力発電所の管理体制は世界で一番」
「東京湾に造ったっていいくらい日本の原発は安全だ」


おそらく原発やプルサーマル計画に関しての基本的な知識もないと思われるが、
それ以前に市民運動に対する偏見の根深さが深刻である。
民主主義に対する理解度も低いことがよくわかる発言

参考:【増殖炉は人類の夢発言】 【私は原発推進論者です】

*************************************

【増殖炉は人類の夢発言】(世界に取り残されている)
(2002年6月25日、福井県敦賀市で開かれた核燃料サイクル開発機構が
主催する敦賀国際エネルギーフォーラムのビデオ(15日撮影)に登場して)

「高速増殖炉に人類の夢が掛かっている」
「他国に先んじて開発したもんじゅに象徴される高速増殖炉の運転は世界に重要な意味を持つ」


大事故を起こしてストップした「もんじゅ」がはたして人類の夢になるのか?
すでに主要先進国は増殖炉開発に見切りをつけており、
いまだに高速増殖炉を推進しているのは日本だけだ。

参考:【刈羽村原発住民投票】 【私は原発推進論者です】

*************************************

【私は原発推進論者です】(現実認識力の欠落度)

(東日本大震災で、深刻な高レベルな放射能漏れなどを起こしている福島第一原発事故に関して、)
「私は原発推進論者です、今でも」
「日本のような資源のない国で原発を閉ざしてしまったら日本の経済は成り立たない。
10メートルの津波やマグニチュード9など誰も想像できなかった。原発を冷静にとらえるべき」

*************************************

(2011年3月25日、佐藤雄平・福島県知事と会談後、報道陣に対して)

実際には、2006年に共産党議員が衆院予算委員会で今回の事故を的確に予見する質問をしていたり、
2009年の経済産業省の審議会で専門家から、
約1100年前に起きた地震の解析から再来の可能性を指摘されていた。
コスト効率などから「想定外」のまま放置されていたのだろう。
そう言った現実を冷静にとらえることなく、都民・国民の命を危険にさらす政治家など無責任の極みだ。

参考:(過去の発言より)

「日本の原子力発電所の管理体制は世界で一番」
「東京湾に造ったっていいくらい日本の原発は安全だ」



【刈羽村原発住民投票】 【増殖炉は人類の夢発言】 【築地市場の豊洲移転問題】

(2011年6月10日の定例記者会見で、定期検査中の原発の運転再開が困難な状況について問われて)

「困ったもんだと思ってますよ。(中略)日本人ってのは、
原子力に関しては非常に特異なセンチメントを持ってますからね、非常にトラウマ持ってますから。原爆で」

「風車? あんなもんで役に立つわけがないんだ、日本は雷多くて」


ろくな知識も持たず、このように固執する様子からは、
石原は原発という不安定な技術に特異なセンチメントを持っているのかと思える。
日本は地震が多くて、と言い換えてよく考えてみてはどうか。



【関連記事】




差別主義者、悪質政治家、石原慎太郎の人格を証明した発言
水俣病視察に訪れ「これを書いたのはIQが低い人たちでしょう」「ああいう人ってのは人格あるのかね」
「ああいう問題って安楽死なんかにつながるんじゃないかという気がする」


【1997年】
石原慎太郎、土下座写真

環境庁長官だった頃、水俣病患者の直訴文を「IQの低い人が書いたような字だ」と言い放ち。
石原はこの発言について大阪府豊中市の知的障害者団体から抗議された。

人権に鈍感な政治家というより、意識的に人権を軽視する発言を繰り返しているのが石原慎太郎である。

有名な身体障害者に対する差別発言や「ババァ発言」は、
「世界に晒す日本の恥」としかいいようのないものである。
人権蹂躙(じゅうりん)の暴言を放置するわけにはいかない。

石原慎太郎が自民党政権で環境庁長官だったとき。
水俣病患者の直訴文に「IQの低い人が書いたような字だ」と言い放ち、
患者さんの中に「偽患者もいる」と発言し、
これを追及されて、胎児性水俣病の患者さんに土下座している写真。

しかし、それが本当に謝罪の気持ちがあったわけではなかったのは、
その後、都知事になってから府中療育センターの重度の人達を、公表されるのを承知の上で、
都知事という公人として、記者会見の場で、「ああいう人って人格あるのかね」と発言した証明ではないか。



最後までお読みいただきましてありがとうございます。転載などご自由にお使いください。
b_simple_51_2M.jpg
<拡散希望>


Post comment

管理者にだけ表示を許可する