【政治を読む】TVメディアは政治を歪め国民に信じ込ませてきた

”悪が栄えるのは、善人が何もしないからだ”焦りの中国、余裕の米国【トランプ政権】『インド太平洋』経済圏で中国の『一帯一路』と対決。『債務のわな』にくさび近衛内閣には朝日新聞記者と共産党員だらけ田中角栄は毛沢東に膝ま付き台湾を断交台湾を見捨て金権腐敗政治に走る今日の反日野党朝鮮族は出来上がった今こそ取り戻そう我が国日本 

石原慎太郎【 四男・延啓氏へ流れている都税 都政私物化 -8.4倍 4億7152万円】

02 2009

【 四男・延啓氏へ流れている都税 都政私物化 -8.4倍 4億7152万円】

都立文化施設への都費支出が02年度比で2~4割カットなのに比べて

「ワンダーサイト」事業は(四男・延啓氏へ流れている都税)

8.4倍の4億7152万円と突出している。

「ワンダーサイト事業は私が考えついたんだからね。トップダウンですよ」 (2006年9月の記者会見で)

  • 石原慎太郎知事が「若手芸術家育成」の名目で始めた
    「トーキョーワンダーサイト」の事業に、民間人である息子と知人を深く関与させていると、
    都庁内の記者会見で実態を告発した(2006年11月23日)

  • 都知事の四男・延啓氏が
    2003年3月、石原知事が脚本を担当するものとして計画されたワンダーサイト事業の
    「能オペラ」実施のための調査として、

  • 諮問委員の名で、都職員らと一緒にドイツ・フランスを訪れた際、
    費用計55万円を都が全額負担した。
    しかし委員の委嘱は1カ月間だけ。
    (都幹部は)「極めて不自然。海外出張させるために委嘱したと疑われても仕方ない」

  • 四男が都の事業の外部委員となって、公費で欧州出張していた問題を会見で質問され、
    (質問)事業の委員に四男を選んだのには、知事は関与したのか
  • 「私が別に命じたわけじゃなしに、それは(参与の)今村君なんかが決めたんじゃないですか。」
  • 「だって、息子でありながら立派な芸術家ですよ。」
  • 「余人をもって代え難かったら、どんな人間でも使いますよ、私は、
    東京にとってメリットがあったら。当たり前の話じゃないですか、そんなこと」
    (2006年11月24日、記者会見で)

  • 「あなた方、ちょっとおかしいんじゃないの、それ、
    私は、自分の子どもだろうと、誰だろうと、 外国人だろうと、才能のあるというか、
    それはもう今村君に任せてる。
  • 私が決めたんじゃないんですよ。 だれだっていいから、役に立つ人間で、
    しかも民間の人をボランティアで使ったらいいじゃないですか。
  • おかしいね、ちょっとあなた方の感覚ってのは」 (2006年12月1日、記者会見で)

  • さらにその後、航空運賃や宿泊費など実費だけではなく、
    日当や支度料も、 同行した、都の参与と同額が支払われていたことが判明。
  • 「ただ働きする人間が必要」という石原知事の説明と矛盾いる。(2007年1月26日、記者会見で問われ)


  • 石原 「あのね、私、小さなこと知らないの。正確に報道してもらいたいけど」

  • 記者 「知事は四男の起用を「ただ働きだから」と説明していたが?」

  • 石原 「ほとんどただ働きじゃないですか。」

  • 記者 「日当や支度料が出ていても「ただ働き」ということか。」

  • 石原 「ですから、その内容はわかりません。だけど、日当というのは、
        実質的に実費弁償ということですからね、その中に交通費も入ります、当然ね。
        ちょっとヒステリックになっているんじゃないの、あなた方。ちょっと不思議だね」


  • ワンダーサイトの玄関と二、三階に飾られている、
    ステンドグラス(都費から制作費300万円支出)の原画作者は、延啓氏

  • 石原知事がスイス・ダボスでの会議に出席した際、延啓氏が大鼓演奏の舞台背景制作者として同行。
    事前調査と合わせ、2回分の旅費約120万円は公費から支出
    (費用の支出を決めた都の契約書類には、四男の名前が一切記されていなかった)


  • 四男の知り合いである、建築家で、文化芸術での実績が特段見られない今村氏が、都参与となりワンダーサイトの館長に就任

  • 今村氏の妻である家村佳代子氏をワンダーサイト青山館の館長とワンダーサイト副館長に採用

  • 「トーキョーワンダーサイト」の一環として計画された
    「能オペラ」の脚本料として知事に百万円の予算が計上されていた
    (その後「能オペラ」は中止された)問題で、「アイデアがあるので私でどうだと言った」
    「私の原稿料として百万円は安い」(2007年2月22日の都議会予算特別委員会の答弁)

  • 四男への仕事依頼、「自ら仲介」石原都知事が認める
    スイス・ダボスのパーティーで、四男に旅費などが公費から支出されていた問題で、
    「私からも『君やってくれるか』と頼みましたよ、息子に」
    (2006年12月17日夜、フジテレビの番組に出演して発言)<

  • 都はそれまで「四男に制作を依頼したのは大鼓演奏家側の意向で、
    知事の口添えはない」と説明。

    石原知事も都議会で「(パーティーの企画を)受託した会社から委託され、派遣されたもの」と答弁していた。

  • (2006年12月7日、都議会本会議で共産党都議団の吉田信夫幹事長の質問に答えて)
  • 「いかにも共産党らしい貧しい発想」(2006年12月7日、都議会本会議終了後、報道陣に)
  • 「共産党がネガティブキャンペーンをやって、世間は面白がってね。」
    (2006年12月14日、都議会自民党の政調会長の祝賀会で)
  • 「私いま、共産党にあることないこと言われ続けて、頭きちゃうんだけど。
    これに便乗してメディアが、わけのわからんこと言って。いじめられていますが、決して自殺しませんから」


  • 反省どころか、開き直り。いじめの自殺にたとえる不謹慎さも酷い。
    為政者の立場にある人が公務に身内を使うべきではないのは当然で、常識だろう。
  • 都立文化施設への都費支出が02年度比で2~4割カットなのに比べて
    「ワンダーサイト」事業は8.4倍の4億7152万円と突出している。



最後までお読みいただきましてありがとうございます。転載などご自由にお使いください。
b_simple_51_2M.jpg
<拡散希望> 沖縄のみなさんへ 昭和天皇が流された涙 昭和天皇の御心が届きますように。


Post comment

管理者にだけ表示を許可する