【政治を読む】TVメディアは政治を歪め国民に信じ込ませてきた

蓮舫中国共産党と吉永小百合。日本を内側からとりこむ『基本的に中国人は全員スパイと考えた方が良い。人種偏見などではなく、中国の社会制度がそうなっているからです。中国が急に「有事」と定めたら、日本に送り込まれた中国人たちが暴動を起こし 略奪殺人強姦放火等々の日本破壊が始められるように、全員が工作員となるように定められている。「中国、日本共産党と在日韓国朝鮮人が引き起こしてきた謀略の数々」

矢巾北中学校 村松亮くんの担任の名前が判明!田口ちかこ 病欠を理由に欠席

18 2011

田口ちかこ33歳女性教諭が村松亮君の担任と特定か!?

病欠しないで生活記録ノート持って出勤しなさい!!
<拡散希望>

7895.jpg

***********************************************************

いじめアンケート隠蔽 校長鈴木美成

岩手県 矢巾北中学校 校長 鈴木美成(よしなり)
岩手大学出身
http://jpon.xyz/2012/20/25/372/220.html
鈴木 美成
住所: 岩手県 小鳥沢 2-30-2
電話番号: 019-662-4030
j9lsn85.jpg


矢巾北中学校 並びに町役場がやった事。

イジメについて証言した生徒に「余計なことを言うな!」などと問い詰めた2年の学年主任は、
「久保雄章」(技術家庭担当、卓球部顧問)だというんだが、擁護する意見もある。

a8c1a629kubo.jpg  767aea25.jpg

・問題教諭を仮病で逃亡させる。
・校長はインタビューに答えるも世界じゃありえない顔出しNG
(工作行為をするので、隠蔽しているので、顔を出せない犯罪者心理と同じ)
・学校のHPを閉鎖する。
・保護者からの問い合わせができないように電話回線を切る。
・マスコミに内部事情を喋るなと脅し、発言したものを特定し処分する。
・個人が特定されないように、問題教諭について嘘の情報を流す。
・学校関係者の息子娘らを使い、良い先生だったとインタビューと
掲示板への書込みをする、また、そう答えた生徒には内申書を良くすると買収。
・刑事、民事訴訟を見据えて不利になる情報を矢巾町HPから削除

いじめを訴えて自殺した岩手県の中学2年、村松亮君(13)の父親がきのう12日(2015年7月)、警察に被害届を出した。亮君の死から1週間、いじめていた生徒やその保護者からは接触も謝罪もない。そればかりか、学校やいじめ生徒たちの悪質な言動も浮かび上がってきた。

村松亮君の父親が被害届「警察も入って捜査してもらいたい」



「岩手・中2自殺」学年主任いじめ証言の同級生脅し「余計なこと言うな」2015/7/13 11:46J-CASTニュース


亮君は1年生の時から学校に提出する「生活記録ノート」でいじめの事実を訴え、「死にたいと思ったときがけっこうありました」と記していたが、2年生のクラス替えでもいじめ生徒と同じクラスにされた。「死んでもいいですか」「もう死ぬ場所は決まっているんです」などの記述も、担任は校長や周囲に報告せず、生徒の命にかかわる情報が共有されなかった。父親にも話がなかったという。

父親は「担任だけが把握して、連絡をもらえなかったのはなぜか。自殺がどれだけ重いことか」と問いかける。祖父も「亮は明るくふるまっていたのだろう。学校から電話がきたことも1回もない」という。これでは家族は気づけない。

教育委員会は第三者委員会を設置して調査することを決めたが、父親は「校内暴力について警察も入って捜査してもらいたい」と話す。こんな学校や教委を信頼しろというのはどだい無理な話だ。

*************************************************************


●教員
【学校】     岩手県 矢巾町立矢巾北中学校
【校長】     鈴木美成(岩手県教育委員会教職員課首席経営指導主事)

【一年時担任】 田中桃子 30代女性、クラス不明、担当教科不明
          「上から目先」の人https://pbs.twimg.com/media/CJWZGTOUkAABJTv.jpg

【二年時担任】 田口千賀子 40代女性、クラス不明(二年は全4クラス)、英語担当?
         「研修楽しみましょうね」の人 http://mainichi.jp/graph/2015/07/08/20150708k0000m040123000c/image/001.jpg
       ノートのやりとり(抜粋) http://www.yomiuri.co.jp/photo/20150708/20150708-OYT1I50035-L.jpg

f9d7610dtaguti_2015071808211416f.jpg

●加害生徒
1) 【主犯】 遠洞柚太(加害生徒)←【罪状】暴行罪、侮辱罪、名誉毀損等
m_62Xg8gE.jpg


2) 伊藤友太(加害生徒)

3) 向田悠人(加害生徒) 向田悠人、妹が被害生徒と同じクラスでバスケ部キャプテン
【学校】一関工業高等専門学校4E
【行為】いじめに否定的な発言を繰り返す
CJYepALVAAA9Rl9mu.jpg
8He_Quwb.jpg


4) 佐藤樺南(加害生徒)←自称『佐藤奏美』、妹は佐藤花鈴と佐藤カノン
DGKWYNX.jpg

●保護者
5) 佐藤馨 【娘?】奏美(かなみ) 保育士 【罪状】遺族に対する侮辱罪、名誉毀損 (被害者父を中傷)←暴言3姉妹の母であり、本人も暴言吐きまくり

545f2833ijime.jpg


6) 金城尚平(被害者父を中傷)←こいつは矢巾北中の教員ではないが
                    マルチ商法等の余罪多数


※一年時の担任は転任などしておらず、現在も在籍しています(報ステより)
学校側は嘘をついていたようです

438b3220tv.jpg
027c7007tv.jpg




「戦争法案」とこじつけ洗脳しヒステリックに反対を唱える者たち

安全保障関連法案」というのは簡単に言えば、ただの「防衛法案」でしかない。
現実を無視した理想家や妄想家の言うことを聞いて、
あなたがいじめっこに殺されたとしても、彼らは逃げ出すだけで、何の責任も取ってくれないのである。
*******************************************************************
いじめ問題として考える『安全保障関連法案』 自由人2015年07月16日 23:01
http://blogos.com/blogger/freeman/article/
■「安全保障関連法案」と「集団的自衛権」

 マスコミで大々的に騒がれ、衆目を集めていた「安全保障関連法案」が賛成多数で可決された。
「安保法案」は「戦争法案」との異名(単なるこじつけだが)を持つ法案なだけに、
結果がどうなるか少々危惧していたものの、どうやら、まともな判断が下されたようで安堵した。

 「戦争法案」と言うと聞こえは悪いが、「安全保障関連法案」というのは簡単に言えば、ただの「防衛法案」でしかない。
自らの国を他国の侵略から守ろうという「防衛法案」の可決に、なぜこれほどまでに反対する国民がいるのか不思議でならない。国会でのあのような珍奇な自虐的光景は、おそらく日本でしか見られないものだろうと思う。

 「集団的自衛権」にしても「個別的自衛権」と同じく、自国を防衛するかどうかという権利であって、
他国を侵略するというような権利でないことは言うまでもない。

他国(この場合は、主に中国)からの侵略があった場合、
自国だけで防衛するのか、

それとも他国と協力して防衛するのかというだけの話であって、
他国と協力して戦争を行うというような、

きな臭い話ではないのだが、この国ではなぜか、

「集団的自衛権」を「集団的侵略権」と誤解している人が少なからず存在しているようだ。
(解っていながら反対している人も多そうだが…)


そもそも、なぜこのような法案が出てきたのかというと、
戦争を画策している国、言わば「個別的侵略権」を行使している国が実際に存在しているからだ。
無論、それは日本ではない。

 「安全保障関連法案」も「集団的自衛権」も、主たる目的は、戦争を起こすことではなく、戦争を回避することである。
つまり、単なる国の保険なのであって、能動的に戦争に加担するというような代物ではない。
ここを誤解すると、カルト教の信者よろしく全てが曲がって(あるいは逆さまに)見えることになる。


■「安全保障いじめ関連法案」と「集団的いじめ自衛権」

子供にでも解るように「いじめ」に喩えてみよう。
「安全保障いじめ関連法案」「集団的いじめ自衛権」とでも考えれば、よく解るのではないかと思う。

 もし、あなたが真面目な中学生だとして、突然、あなたの前に、いじめっこ(達)が現れたら、どうしますか?

 この場合、あなたには以下のような選択肢がある。

 1、自分1人で、いじめっこに対抗する。

 2、他の生徒と協力して、いじめっこに対抗する。

 3、他の生徒が、いじめっこから助けてくれるのを待つ。

 4、「暴力反対」と叫ぶだけで、いじめっこに抵抗しない。

上記の4つの中から、どれか1つを選ばなければならないということなら、普通なら「2」を選ぶのではないだろうか?
しかし、なぜかこの国では、端から、いじめっこは存在しないという前提に立ち、
ハイリスクな「3」か「4」を選ぶことが正しいと思われているフシがある。
普段はリスクを毛嫌いしている人に限って、ハイリスクで危険な選択をしているわけだから、何をか言わんやである。

よほど喧嘩に自信の有る人なら「1」を選ぶかもしれないが、
いじめっこは1人とは限らないので、常識的には「2」を選ぶのが無難なところだろう。
いじめによる被害を避けるために、予め、他の真面目な生徒と協力関係を結んでおけば、
自分がいじめに遭った場合、協力関係にある他の生徒が助けてくれるので安心だ。

しかし、他の生徒がいじめられていた場合は、あなたが逆に助けに行かなければならない。
こんなのは人道上、当たり前の話であって、都合よく自分がいじめられた場合は助けてもらうが、
他人がいじめられていても見て見ぬふりでは、友好関係が成り立たない。

そんな自分勝手で卑怯な契約を結ぶようなお人好しはいないことは、少し考えれば誰にでも解りそうなものだが、
いじめ行為を見ても見ぬふりをするという日本の公教育環境にどっぷりと漬かってきた人々には、
それが理不尽極まりない非常識なことだということが解らないのかもしれない。

■現実から遠く乖離した「理想論」と「妄論」

20世紀の日本には自ら「学校の警察官」を名乗る屈強な留学生がいたため、いじめっこが出現する心配が無かった。
しかし、21世紀の現代は、その屈強な留学生も体力が衰えてしまい、学校でのいじめ問題にも無関心に成りつつあり、
オバマという内向きで民主的な保護者が出現したことで、自ら警察官を名乗ることもしなくなった。

いじめっこのいない平和な時代の学校であるなら、「いじめ同盟」のような代物は必要なかったかもしれないが、
現代にはメキメキと力を付けてきた暴力団の子供のようないじめっこが存在している。
このいじめっこの傍若無人な振るまいには、他のクラスの生徒も大いに迷惑しており、
周りの生徒達は水面下で「一致団結して守りを固めよう」と申し出ているのだが、独り、日本だけが反対している。

 その言い分は、

 「自分1人で、いじめっこ達に対抗するんだ」

 あるいは、
「暴力の反対を唱った学校規程が(憲法9条)有るので、大丈夫だ」

というもので、そのどちらも、いじめっこの行為を止めることも、
いじめっこの思考を変える力も有しておらず、良く言えば「理想論」、悪く言えば「妄論」の域を出ていない。
 

暴力団相手に、武器も持たずにたった1人で喧嘩を挑もうなどというのは、漫画の読み過ぎであり、
暴力団相手には学校規程(憲法9条)など、何の役にも立たないということも併せて知らねばならない。


現実を無視した理想家や妄想家の言うことを聞いて、
あなたがいじめっこに殺されたとしても、彼らは逃げ出すだけで、何の責任も取ってくれないのである。
自分や家族の命・財産・平安を真に守りたいのであれば、
言葉巧みな理想論や現実味のない妄論に騙されないように注意しよう。


自由人 2015年07月16日 23:01   (一部参照させて頂きました)

***********************************************************************

反対をヒステリックに叫ぶ人は賛成意見をなぜ聞こうとしないのか

安全保障関連法案 アジア太平洋諸国の反応2015/7/16産経新聞朝刊

カナダ         「積極的貢献を支援」
アメリカ        「日米同盟をより効果的なにする」
コロンビア      「支持」
ブラジル       「重要な役割を果たしてほしい」
メキシコ        「国際平和の貢献を支持」
オーストラリア    「歓迎」
ニュージーランド  「支持」
モンゴル       「理解」
インドネシア     「地域の安定にプラス」
シンガポール    「積極的貢献を歓迎」
フィリピン       「メリットだ」
ベトナム        「貢献を期待」

***************************************

反対国
中国、韓国、




最後までお読みいただきましてありがとうございます。転載などご自由にお使いください。
b_simple_51_2M.jpg
<拡散希望>


Post comment

管理者にだけ表示を許可する