【政治を読む】TVメディアは政治を歪め国民に信じ込ませてきた

”悪が栄えるのは、善人が何もしないからだ”  日本を洗脳するTBS社長は「安倍を辞めさせる為なら何でもやれ!」⇒加計学園⇒「テレビは洗脳装置。嘘でも放送しちゃえばそれが真実」「社会を支配しているのはテレビ。これからは私が日本を支配するわけです」「日本人はバカばかりだから、我々が指導監督してやっとわかる」「国民は我々の情報によって動かされる人間だ」「日本は選ばれた人間である我々によって白にも黒にもなる」 蓮舫関連記事「日本人はどれほど騙しやすいか第二次大戦、中国の粛清略奪の歴史に習って、今後も我らが日本を粛清略奪すると指摘する」と記述。

蓮舫、辻元清美「南京大虐殺」中国大陸に住む猟奇性DNAを持つ異民族国家、猟奇的虐殺略奪食人、嘘文化の歴史 ◆中華人民共和国の真実、建国は1949年、領土略奪のために歴史の改ざん「食人文化」虐殺を繰り返してきた歴史

01 2016

◆中華人民共和国の真実、建国は1949年、
領土略奪のために歴史の改ざん「食人文化」虐殺を繰り返してきた歴史


中国大陸種族とは「食人文化」虐殺を繰り返してきた歴史が証明している。

日本人種族は、民族同士が殺しあう中国大陸人種とは全く異なる民族であるということを区別し認識しておかなくてはいけない。

民族同士が殺しあう中国人種との関わり方は要注意であるということ。
もちろん日本を侵略を企み、侵害、している中韓朝へのODAの見直しは1日も早く行って欲しい事である。
日本人種族とは民族同士が殺しあう中国大陸人種とは全く異なる民族である。

新帝の即位後にその生母を殺すことが通例であった。猟奇的虐殺略奪食人、嘘文化の歴史、異民族国家。
もはや人としてどうなのかと言う疑問でしかない。
修羅とは人の姿を装う生き物。
中国人の猟奇的DNA
英露独「日本人のルーツに韓国人は無関係だと判明した」ある生物と韓国人のDNAが完全一致(詳細ページへ)

これは決して差別等ではない。現実の事だ。

【閲覧注意!真実の姿】



2010年から施行された中華人民共和国の法律(詳細ページへ)

中国人の異様な行動が不思議であった

仏教の教えの十戒に修羅という用語がある、人間に成りきれず、
姿かたちは醜く争いを好む生き物とされる。生き物があるとされる。

詐欺師、殺人者などの犯罪者に対して我々は一応の注意を払わなければ
財産の損失や命の危険にすら及ぶ、

それ等から
人として生まれて来た私たち日本人の
身を守るために必要なことであったのだが、
人間の姿をしているという事だけで、その本当の存在を知らずに
関わってしまったのだ。

身を守るために認識しておかなければならないことではないのか。

今こそ学ぼう
【福沢諭吉の脱亜論】 (詳細ページへ)

福沢は彼等に絶望して、
中韓と縁を切るべきだと主張したのだ
しかし福沢諭吉の国防論は理解されなかった。

【災いを恐れるな、正しく備えよ】
スイス国防論に学ぼう(詳細ページへ)
立ち上がろう日本人


本多勝一(詳細)朝日新聞記者によるレポート記事「中国の旅」によって
「朝日新聞は数多くあったはずの抗議や反論を軽んじ、
『中国の旅』に実名で書かれた人々の名誉を傷つけ、日本人に大虐殺のぬれぎぬを着せた」
(詳細ページへ)


中国人が必ず想像する事とは、
人間を生き埋めにし、首を次々と、はねる事は日常茶飯事、
さらには人間の手足を切り家畜として育てる人豚などと言った。

南京大虐殺などは日本侵略の先駆けプロパガンダである。コミンテルンは生きている。

残忍で残虐な日本人の想像も及ばない猟奇的行為が平然と中国の歴史には存在するし、

中国は噂の文化であり、マスコミよりも噂や人づての話を信じる土壌があるのである
中国人の潜在的な猟奇性を物語る例えである。

日本人の想像の及ぶものでは無い。


なぜ彼らは日本を歪める貶めるのか

悪の枢軸略奪国家中国とテロ国家朝鮮
共産主義者は人類の敵。
日本共産党は公安調査庁の監視対象である。(詳細ページへ)

中国とは食人、領土の略奪、虐殺、粛清、嘘、改ざんを繰り返している民族である。
中国4000年の“抗争と断絶”食人、血で血を洗う虐殺、思想弾圧・大量殺戮・粛清の歴史


参考資料
    



  • 1636年 ◆◆(しん)は、清朝(しんちょうともいう)、満洲において建国、中国を支配した最後の統一王朝

  • 1644年~1912年まで(268年間)中国の歴史上では、征服王朝の一つに数えられる。
    首都は盛京(瀋陽)、後に北京に置かれた。

  • 1912年~1949年10月 中華民国建国
    (1912年辛亥革命により孫文が清朝を倒して建国した共和国、
    辛亥革命の翌年、孫文が臨時大総統に就任首都は南京)

    中国大陸でアジアで2番目の民主共和制国家樹立され中国大陸を支配。


  • 1949年-現在 ◆中華人民共和国建国◆(ちゅうかじんみんきょうわこく)

  • 1949年10月1日に建国された中国の社会主義国家。その歴史は、国家指導者の指導理論、路線、方針、政策によって、二つの時代に分類する事ができる。

    毛沢東時代(1949年 - 1978年)
    鄧小平時代(1978年 - )



東京裁判をいいことに中朝韓の密入国者により起きた、
日本国民に蔓延した、日教組、教育、政治家、新聞社、TV局などに侵入した中朝韓工作員による
自虐史観の呪縛から日本国民は自ら解放しなければなりません。


中国の冊封体制下

中国には伝統的外交政策(中国の冊封体制下)というものがあって、
中国が勝手に(嘘、ねつ造もある)、中国側から国を描いたもの。

「固有の領土」というのはあくまで法律とか条約とかの話であって、
歴史学にその裏付けみたいなものはない。

「○○は固有の領土である」というのは、「○○は神聖不可侵である」とか
「○○は戦争を放棄する」といったものと同様、政治的な宣言に過ぎない。

そういう見解は、かつて琉球国が清朝と册封関係にあったことを根拠にしようとしているようですが、
琉球は明治政府によって日本に併合されましたし、また清朝と現在の中華人民共和国は別です

沖縄は現在日本の領土であって、中華人民共和国の領土ではありません。

それに冊封体とは
こちらから冊封を求めなければ、中国側にそれを強制する力は当然無く

国境を接していた朝鮮と、海を隔てた日本とでは、中国が及ぼせる影響力は全く違う、という事でしょう。

琉球も同じ事で、いわゆる琉球処分に対しては、清もかなり反発したらしいのですが、

実力行使する力はなく、そのままとなりました。

形式上はそのとおりですが、実効支配をしていたのは薩摩藩です。

清に限らず中国は海洋に対する関心が殆どなく、

水軍と言ってもそれは主として長江での戦闘を前提にした装備であり、

太平洋の荒波を越えて侵攻できる装備は保有していませんでした。

また、当時の清はアヘン戦争にやぶれて大変な国難に遭遇しており、

琉球に軍を派遣することはできないし、そんなことを考える高官は皆無だったでしょう。

冊封と言っても朝貢して来た使節をねぎらい、

莫大な贈り物をすることで面子を保つことだけがその関係だったのですから、

使節を送って来なくなったからと言って懲罰の遠征などはやった例は皆無です。

むしろそれは経費がかからなくなってホッとしているという面があるのです。

日本の遣唐使にそんなに度々来るなと愚痴ったという話も残っています。

当時の清の国情を考えれば武力介入はできなかったということですか。

清もこれ以後日本を警戒して北洋艦隊に力を入れるわけですよね。

台湾出兵⇒日清戦争で、清と日本とで合意して琉球が日本の領土と明確に確定された。

領土関係のことを言い出したら、

少なくとも室町幕府の「日本国」は、明朝と形式的にはその関係にあったわけです。

清にさかのぼって沖縄が中国の「固有の領土」なら、

明にさかのぼって日本(北海道のぞく)だって中国の「固有の領土」だし、

モンゴル帝国にまでさかのぼればロシアの大部分だって中国の「固有の領土」になってしまう。

イタリア人やマケドニア人とか含め、みんながユダヤのシオニストみたいな主張をはじめたらどうなりますか。

中国皇帝を頂点とした朝貢冊封体制は中国共産党毛沢東からは崩壊し、

人民戦争理論、暴力革命・武装闘争肯定と平和革命否定、階級闘争絶対化という

領土の略奪、虐殺、思想弾圧・大量殺戮・粛清の反知性主義となってしまったようだ。

中国国民の正体。

【今日のチベットは明日の日本】
危険【外国人参政権】=三国人侵略法案(詳細)


チベット 16歳の少女が焼身自殺 彼女の最後の言葉は… 「チベットに自由を」(詳細ページへ)

民進党は隙あらば成立させようと、何度も言葉をすり替え工作している。
これが成立すれば瞬く間に中国傀儡政権となり中国の侵略は成立する。実に恐ろしいことだ。要注意!

≪災いを恐れるな、正しく備えよ≫スイス国防論に学ぼう。【詳細を読む】


「スイス国防論に学ぼうⅡ」(詳細ページへ)
【重要】永世中立国スイスの民間防衛に学ぶ 現実的平和主義(詳細ページへ)

◆中華人民共和国の法律国防動員法とは
【拡散希望】ぜひ読んでください。https://www35.atwiki.jp/kolia/pages/60.html

2010年から施行された中華人民共和国の法律(詳細ページへ)
中国で施行される国防動員法とは 有事の際に「全国民が祖国を防衛し侵略に抵抗する・・・」。

*******************************************


夏→殷→周→春秋戦国→秦→前漢→新→後漢→三国時代→普→五胡十六国時代→南北朝時代→隋→唐→五代十国→遼→北宋→南宋→元→明→清→中華民国→中華人民共和国


china.jpg  夏王朝1216



■夏(か)紀元前2070年頃 - 紀元前1600年
ka.png
出典upload.wikimedia.org
                                                                                                                                          


中国最古とされる伝説の王朝。
近年見直しがされてきているが、まだ伝説上。
濃い部分が夏の領域。
 


■殷(いん)紀元前17世紀頃 - 紀元前1046年
in.jpg
出典ja.wikipedia.org


夏王朝を滅ぼして王朝を立てたとされ、考古学的に実在が確認されている最古の王朝である。最終的に紀元前11世紀に周に滅ぼされた。商(しょう)とも言われる。



■周(しゅう)紀元前1046年頃 - 紀元前771年
syu.gif
出典upload.wikimedia.org


西周王朝、この時代、領土は点と点とを結んだもので面領域ではない。よって周王朝の勢力領域を確定するのは困難であるので領域は出来ない。



■春秋戦国(しゅんじゅうせんごくじだい)紀元前770-紀元前221年
syunnjyuu.png
出典upload.wikimedia.org



戦国の七雄が活躍した時代

 韓(紀元前403年 - 紀元前230年)
 趙(紀元前403年 - 紀元前228年)
 魏(紀元前403年 - 紀元前225年)
 楚(? - 紀元前223年)
 燕(紀元前1100年ごろ - 紀元前222年)
 斉(紀元前386年 - 紀元前221年)
 秦(? - 紀元前206年)



■秦(しん)紀元前221年 - 紀元前206年
sin.jpg
出典upload.wikimedia.org


紀元前241年には、趙、楚、魏、韓、燕の五カ国連合軍を撃退した。紀元前223年に秦最大の敵であった楚を滅亡させ、燕を滅ぼし、紀元前221年に斉を滅ぼし中国を統一し、政は自ら皇帝(初めての皇帝なので、始皇帝という)を名乗った。この皇帝の称号は、中国の伝説上の聖王である三皇五帝からとったものである。




■前漢(ぜんかん)紀元前206年 - 8年
zennka.jpg
出典upload.wikimedia.org


秦滅亡後の楚漢戦争(項羽との争い)に勝利した劉邦によって建てられ、長安を都とした。
7代武帝の時に全盛を迎え、その勢力は北は外蒙古・南はベトナム・東は朝鮮・西は敦煌まで及んだ




■新(しん)8年 - 23年
新前漢の外戚であった王莽が前漢最後の皇太子の孺子嬰より禅譲を受けて立てた。成帝の時、王莽は新都侯(新都は荊州南陽郡に在る)に封じられたことにより国号を新とした。

周の時代を理想とした政策を行なったが、その理想主義・復古主義的な政策は当時の実情に合っておらず、国内は混乱。また、匈奴や高句麗に対して高圧的な態度を取ったためにこれらの離反を招くなど、その統治は失敗に終わり、国内には不満をもつものが多くなった。



■後漢(ごかん)25年 - 220年
gokan.jpg
出典upload.wikimedia.org



漢王朝の皇族劉秀(光武帝)が、王莽に滅ぼされた漢を再興して立てた。都は洛陽(当時は雒陽と称した。ただし後漢最末期には長安・許昌へと遷都)。五代の後漢(こうかん)と紛らわしいので、中国では東漢と言う(この場合、長安に都した前漢を西漢という)。



■三国時代(さんごくじだい)220年-280年
sanngoku.jpg
出典upload.wikimedia.org


広義では黄巾の乱の蜂起(184年)による漢朝の動揺から、西晋による中国再統一(280年)までを指す。

229年までに魏(初代皇帝:曹丕)、蜀(蜀漢)(初代皇帝:劉備)、呉(初代皇帝:孫権)が成立、中国国内に3人の皇帝が同時に立った。三国時代については、陳寿が著した『三国志』、明代に書かれた『三国志演義』および、さらに後世の三国時代を扱った書物によって、広く知られている。



■晋(しん)265年 - 316年
sin265.png
出典upload.wikimedia.org




国号は単に晋だが、建康に遷都した後の政権(東晋)に対して西晋と呼ばれる。



■五胡十六国時代(ごこじゅうろっこくじだい)304年-439年
h.jpg
出典img.westatic.com


304年の漢(前趙)の興起から、439年の北魏による華北統一までを指す。五胡十六国(ごこじゅうろっこく)は、当時、中国華北に分立興亡した民族・国家の総称である。実際の国の数は16を超える。




■南北朝時代(なんぼくちょうじだい)
北魏・宋
北魏・斉

北魏の前身は代国であり、その中枢部分は鮮卑拓跋部である。代国は前秦の苻堅により一旦は滅ぼされるが、苻堅が淝水で大敗したことをきっかけに再興され、その後は順調に勢力を拡大し、439年に第3代太武帝の下で華北を統一。

北魏内部で、鮮卑の習俗を守ろうとする勢力と、鮮卑の習俗を捨てて中国化を進めようとする勢力との争いが起きるようになる。中国化を進めようとする勢力の中心となったのは、主に漢民族出身の者たちである。彼らにとっては中国化が進めば自らの立場が有利になるということでもあり、また漢が文化的に異民族に勝利したという結果によって、見下していた異民族に支配される屈辱を晴らすことにもなる。この漢化派の代表が漢人の崔浩である。崔浩は外来宗教である仏教を排撃するために、道教教団の教祖寇謙之と手を結んで太武帝に廃仏(仏教弾圧、三武一宗の廃仏の第一)を行わせた。また崔浩は漢人官僚を多く登用するなど漢化を推し進めたが、強引過ぎる漢化は鮮卑派の反感を買い、450年に誅殺される。その後の北魏では太武帝が暗殺され、しばらくの間は混乱が続く。
この混乱を収めたのが文明皇后(馮太后)である。文明皇后は第5代献文帝の乳母で、466年に政権を握っていた乙渾を排除し、献文帝を擁して垂簾政治を始める。後に献文帝に長男の宏(後の孝文帝)が生まれると、一旦は表舞台から引き下がるが、孝文帝の生母を殺したことで献文帝と対立し、これを廃位して孝文帝を擁立した。北魏では外戚対策として、新帝の即位後にその生母を殺すことが通例であった。文明皇太后は引き続き垂簾政治を行い、班禄制・三長制・均田制などの諸制度を実行して、中央集権化・漢化を推し進めた。

中国史において、後漢末期の黄巾の乱からはじまり、隋が中国を再び統一するまで、中国に王朝が割拠していた時期を表す(184年-589年)。なお、長江中下流域(江南)における六朝時代がほぼこの時期と対応している。

439年から589年の隋による南北統一までを南北朝時代と呼ぶ。




■隋(ずい)581年 - 618年
zui.png
出典upload.wikimedia.org


魏晋南北朝時代の混乱を鎮め、西晋が滅んだ後分裂していた中国をおよそ300年ぶりに再統一した。

しかし第2代煬帝の失政により滅亡し、その後は唐が中国を支配するようになる。



■唐(とう)618年 - 907年
tou.png
出典upload.wikimedia.org



690年に唐王朝は廃されて武周王朝が建てられたが、705年に武則天が失脚して唐が復活したことにより、この時代も唐の歴史に含めて叙述することが通例である。



■五代十国時代:五代(ごだいじっこくじだい:ごだい)
五代十国(923年)kahoku
出典upload.wikimedia.org


華北を統治した5つの王朝

 後梁 朱全忠 907年 - 923年
 後唐 李存勗 923年 - 936年
 後晋 石敬瑭 936年 - 946年
 後漢 劉知遠 947年 - 950年
 後周 郭威  951年 - 960年



■五代十国時代:十国(ごだいじっこくじだい:じっこく)
五代十国(923年)kahoku
出典upload.wikimedia.org

中南北の一部を支配した地方政権

 前蜀  王建   907年 - 925年
 後蜀  孟知祥 934年 - 965年
 呉   楊行密  902年 - 937年
 南唐  李昪   937年 - 975年
 荊南  高季興 907年 - 963年
 呉越  銭鏐   907年 - 978年
 閩   王審知  909年 - 945年
 楚   馬殷   907年 - 951年
 南漢  劉隠   909年 - 971年
 北漢  劉崇   951年 - 979年



■遼(りょう)916年 - 1125年
宋・遼時代
出典upload.wikimedia.org




遼朝(りょうちょう)ともいい、内モンゴルを中心に中国の北辺を支配した契丹人(キタイ人)耶律氏(ヤリュート氏)の王朝。




■北宋(ほくそう)960年 - 1127年
hokusou.jpg
出典upload.wikimedia.org


中国の王朝。趙匡胤が五代最後の後周から禅譲を受けて建てた。国号は宋であるが、金に開封を追われて南遷した後の南宋と区別して北宋と呼び分けている。北宋期の首都は開封であった。



■南宋(なんそう)1127年 - 1279年
nansou2.png
出典upload.wikimedia.org


中国の王朝の一つ。趙匡胤が建国した北宋が、女真族の金に華北を奪われた後、南遷して淮河以南の地に再興した政権。首都は臨安(現杭州)であった。




■元(げん)1271年-1368年
Yuan_Dynasty_1294.png
出典upload.wikimedia.org


中国とモンゴル高原を中心とした領域を支配した王朝である。正式の国号は大元(だいげん)で、元朝(げんちょう)とも言う。



■明(みん)1368年 - 1644年
min.jpg
出典upload.wikimedia.org



明(みん、1368年 - 1644年)は中国の歴代王朝の一つである。明朝あるいは大明とも号した。

朱元璋が元を北へ逐って建国し、滅亡の後には清が明の再建を目指す南明政権を制圧して中国を支配した。




■清(しん)1644年-1912年
清
出典upload.wikimedia.org


清(しん)は、清朝(しんちょう)ともいい、1636年に満洲において建国され、1644年から1912年まで中国を支配した最後の統一王朝である。中国の歴史上では、征服王朝の一つに数えられる。首都は盛京(瀋陽)、後に北京に置かれた。




■中華民国(ちゅうかみんこく)1912年-1949年
tyuukaminnkoku_20170102112000a3c.jpg
出典geibundo.sakura.ne.jp



1912年に中国に樹立されたアジア最初の共和制国家である中華民国が中国大陸を支配していたのは1949年10月まで




■中華人民共和国(ちゅうかじんみんきょうわこく)
1949年-現在


出典www.google.co.jp

1949年10月1日に建国された中国の社会主義国家。その歴史は、国家指導者の指導理論、路線、方針、政策によって、二つの時代に分類する事ができる。

毛沢東時代(1949年 - 1978年)
鄧小平時代(1978年 - )





最後までお読みいただきましてありがとうございます。転載などご自由にお使いください。
b_simple_51_2M.jpg
<拡散希望>


Post comment

管理者にだけ表示を許可する