【政治を読む】TVメディアは政治を歪め国民に信じ込ませてきた

蓮舫中国共産党と吉永小百合。日本を内側からとりこむ『基本的に中国人は全員スパイと考えた方が良い。人種偏見などではなく、中国の社会制度がそうなっているからです。中国が急に「有事」と定めたら、日本に送り込まれた中国人たちが暴動を起こし 略奪殺人強姦放火等々の日本破壊が始められるように、全員が工作員となるように定められている。「中国、日本共産党と在日韓国朝鮮人が引き起こしてきた謀略の数々」

林文子のダイエー再建は失敗、事実は林氏は会長職を下ろされる 結局、「林文子会長は代表権を持たない副会長として対外活動などに取り組む」 横浜市長林文子の「待機児童ゼロ」はからくり、預かり先がなく、やむなく育休を延長した保護者を、待機児童から外すことで数字を合わせた。横浜市長林文子に騙されている国民。自分に都合の悪いことは全て削除し、自己アピールに税金は使われている

02 2011

林文子のダイエー再建は失敗
事実は林氏は会長職を下ろされる。


結局、
「林文子会長は代表権を持たない副会長として対外活動などに取り組む」 場に
追いやられている。
2006/4/24 20:34

樋口の評判は良かったが林文子がガンだった2006年8月28日(月)

孤立深めた権限なき責任、ダイエー社長兼COO(最高執行責任者)の樋口泰行(48歳)

社長の電撃辞任が見せたダイエー再生の限界

ダイエー社長兼COO(最高執行責任者)の樋口泰行(48歳)が辞意を漏らした8月18日。

ダイエーの筆頭株主である丸紅首脳は「慌てた」――。それもそのはず。

新たな再生の青写真を樋口と一緒に描き始めた矢先のことだったからだ。

迷走するダイエー。その新たな一幕が加わった今回の辞任劇の根は深い。

「トップは交代させていただきたい」。

実は丸紅は今春、産業再生機構が保有するダイエー株式33.6%の

すべてを取得する交渉の中で、

会長兼CEO(最高経営責任者)の林文子(60歳)と樋口のダブル退任を

再生機構に打診していた。


2006年8月28日(月)
ダイエー社長兼COO(最高執行責任者)の樋口泰行(48歳)が辞意を漏らした8月18日。

2007/03/20 The Sankei Simbun WEB-site
林氏は副会長に会長職を下ろされる

結局、「林文子会長は代表権を持たない副会長として対外活動などに取り組む」
場に追いやられている。
が、

自己宣伝ではそのことは削除されている。

事実を隠くした自己アピールばかりに時間とお金がながれている、横浜市長林文子の正体である。


市民の税金はこの様に無駄に横浜市長林文子に使われているのが実態である。

【関連記事】
横浜市長林文子のトリック「待機児童ゼロ」のからくり 

横浜市長林文子に騙されている横浜市民



b_simple_51_2M.jpg

横浜市長林文子のトリックその裏の顔
市民の苦情要望を聞く場とされているところ横浜公聴室
へ送っても、林文子にとって都合の悪いことは全て削除される。
http://cgi.city.yokohama.jp/shimin/koucho/search/search.cgi?reference=off&query=%20&subquery=%2Bkeywords%3A800035


市民の声
●フランクフルトから日本への飛行機内で、市長が横浜市のバッチをして、ファーストクラスに乗り、
身勝手なお願いまでして、見ていて不愉快になるほどでした。
また、税金を使ってファーストクラスを利用するべきではないと思います。

●日産の利権拡大とか市有地爆安で払い下げて貰うとか。
市の財界の操り人形と言うか財界が市政を乗っ取る先兵ですよ。
中田がこの役やってたけどやんちゃが過ぎてドロンするしかなくなって、
やんちゃしそうにもない元社長のおばさん立てただけ。

いろいろ言われてたけど、それは初耳。
にわかに信じがたい。 それじゃ「中田とはキれた」説も流れるわけだ。
それなら中田とキれてても「市長ごっこ」を続けられなくもないもんね。

でも、信じられない。でも、そもそもそういう大きい黒い勢力とつるん
でる女でなけりゃ中内氏がコケた直後のダイエー会長なんかさせられん か‥。
なんで女の身でそこまで汚い仕事に手え出したいわけ? キモ~~~、

横浜市(林文子)の違法行為
霧が丘小学校を不正に売却しようとした事件の裁判費用並びに弁護費用
霧が丘小学校売却は違法であると敗訴した監査結果横浜市(林文子)の違法行為にも税金が使われている。

市民の健康より利益追求と、横浜市長林文子は放射線より利益追求牛肉混入問題より観光客を増やさないと
[中部大学:武田邦彦教授]HPより
この方はおそらく法律をお読みになっていないことと、
国際的な状況をご存じないのだと思います。…


b_simple_51_2M.jpg

JanJanニュース
ダイエー再建コンビに疑問   肝付博昭

2005/05/06

再建を目指すダイエーの社長に日本HP社長の樋口泰行氏が内定。
「自動車販社経営の達人」林文子会長とコンビで再建に取り組むことになるが……。

日本人事NA

 ●ダイエー再建は、林文子会長、樋口泰行社長コンビ

 再建を目指す大手ダイエーの社長に日本ヒューレット・パッカード社長の樋口泰行氏が内定した。
自動車販売会社経営の達人と言われる林文子会長と、
IT出身の樋口泰行社長コンビで瀕死のダイエーの再建を目指す事になるが、
なぜ、流通業に未経験者を、そして、1人ではなく2人なのか。

 ●サプライズ人事の憂い

 今回の人事について言及している4月16日付け産経新聞『産経抄』を抜粋する。

 「数百万円の高級外車を売るのと、大根一本を売るのとでは違うとの声も多いようだが、もしかしたらと思う」

 「サラリーマンが、社内で出世の階段を上りつめて社長になる。そんな発想を打ち破る新しい顔ぶれが次々登場している。先週は、三洋電機の会長兼CEO(最高経営責任者)に野中ともよ氏を迎える人事が世間を驚かした。
異分野への不安、お飾りの声を覆すかどうか、お手並みを拝見したい」

 また、『産経抄』は林氏が選ばれた理由に「消費者としての女性の視点」をあげている。

 「身近な小売店は、目に見えて品ぞろえや価格、活気の度合いが分かる。
毎日の買い物は生活そのものだから、評価する消費者の目も厳しい。
食品専門店の強化など、スーパーの新しいビジネスモデルを模索するダイエーに
林氏は『消費者としての女性の視点』を期待され招かれた」


 ●ダイエー再建に、何故「丸紅」が選ばれたのか

 本来、ダイエー再建は、全てを知り尽くす勝ち組の大手同業が最適である。
日経ビジネス、2005年3月21日号「ダイエー再建 本当の茨」の記事では
イトーヨカ堂、イオン、ウオルマートの同業社の各再建案は、「総合スーパーからの脱却」という
再生機構の基本的な枠組みに忠実な計画を纏めた丸紅案に、骨格の部分で大方勝負はついていたという。

 「丸紅」の思惑は、29%を出資している「マルエツ」の損得保全があるのではないか。
例えば、首都圏に210店舗の2割は、採算割れの状態。
ダイエーの再建を同業社が支援すれば、「マルエツ」は厳しい競争化に巻き込まれる事から、
「丸紅」は再生機構の基本的な枠組みに忠実な計画で、ダイエーの再建を引き受けている。

 そういえば、昨年、当時ダイエーの高木社長が再生機構入りに、
最後まで抵抗し自主再建を主張したのを後ろで支えたのは「丸紅」だった。

 ●「再生ダイエー」苦戦は免れない

 魚屋、八百屋から立ち上がっている地域密着型の食品スーパーと、
同じ土俵で戦う「食品スーパー・ダイエー」の苦戦は必至だろう。

 ダイエーの店長等中堅幹部の人達が、TV番組で「ダイエー凋落の全ての原因は
本部主導にあった」という自らの責任回避の発言を聞く時、
いかなBMW東京社長出身の林文子会長でも、日本HP社長出身の樋口泰行社長でも、
大組織の意識改革と流通最前線のオペレーションには手を焼くに違いない。

 日経ビジネスの「敗軍の将、兵を語る」に登場することにならなければよいが。

b_simple_51_2M.jpg


J-CASTニュース

ダイエー再建視界不良

2006/4/24 20:34

経営再建中の大手スーパー、ダイエーは8年ぶりの赤字に陥った。
悲願の「安売りからの脱却」は実現できず、再び目先の売り上げ確保に走る心配が出ている。
産業再生機構の支援から1年、ダイエーの未来は?

ダイエーが展開する食品スーパー「グルメシティ」。ダイエーは食品事業を強化している

2006年4月12日に発表した06年2月期の単体決算は、61億円の営業赤字だった。
単体営業赤字の主因は、販売促進費の増加だ。ダイエーでは最大商戦の12月に「20億円還元セール」を実施した。

同月の売上高は前年比6%増まで回復したが、一方で経費も増加。これまでの売り上げ低迷をカバーできなかった。
 「再建計画はむしろ前倒しで進んでいる」。樋口泰行ダイエー社長はそう強調する。

有利子負債は前期末の1.4兆円から8,200億円まで削減。不採算店を53店閉鎖、
05年11月には1,268人の希望退職を実施した。中核事業以外からの撤退を掲げ、
レジャーや不動産を中心に子会社の売却・整理も進めた。

「昔のダイエーに戻った」

連結決算ではカード事業のオーエムシーの貢献で、06年2月期の営業利益は最高益を更新した。
ただ逆にその分、単体の低迷が目立つ。ダイエーの課題は、何よりも営業力強化なのだ。

同社では昨秋から存続店の改装を順次実施。不振の衣料品でユニクロと提携するなど、
テナントを積極導入して効率化を図っている。
スーパーの競争力を左右する青果、デリカについては、社長直轄プロジェクトを立ち上げた。

そのためか、12月以降は食品の売上高が4カ月連続で前年実績を維持。
ダイエー幹部は「青果については他社より競争力が出てきた」とその成果を強調する。

だが、単体の決算実績が示すとおり、先行きは決して楽観視できない。
主力取引メーカーの幹部は、12月以降の営業施策を「昔のダイエーに戻った」と表現する。

ダイエーは昨春、経営トップとして外車ディーラー社長の林文子氏、日本HP社長の樋口氏を異業種からあえて招いた。

そこで掲げたのが「安売りからの脱却」だった。しかし完全なオーバーストア(店舗過剰)の中、
安売りなしに売り上げを伸ばすことは極めて難しい。

05年10月までダイエーの既存店売り上げは前年実績を大幅に下回っており、
12月以降の販促強化が、目先の売り上げ確保のための戦略の揺り戻しと見る向きは少なくない。

再生機構が株式売却に動く

今回ダイエーでは新設した催事子会社に800人を出向させ、人件費を追加削減する。
本業回復を印象づけるために、単体業績の改善を急ぐ狙いだ。
ただし相次ぐ人事リストラは、社員の士気を低下させかねない。
現場では次々と担当者が入れ替わり、商品知識を持つバイヤーが少なくなっている。中期的にダイエーの営業力低下に結びつく懸念も残る。

あるメガバンクの幹部は「再生機構が株式売却を急いでいることが気になる」と語る。
不良債権処理の進展、景気回復を背景に、再生機構は当初の計画より1年早く06年春にも解散する方針が固まっている。
保有するダイエー株も年内に売却する方針だ。

再生機構の保有株については、現在ダイエーのスポンサーである大手商社、丸紅が優先購入権を持つ。
ただし丸紅は現状、態度を保留している。
「ウォルマートがまたダイエー買収に動き出している」。業界ではすでにそんな噂が上がる。
ダイエーが営業力強化につまずき、再建に失敗すれば、ダイエー株の行方が業界再編の新たな火種になる可能性がある。

b_simple_51_2M.jpg


日経ビジネスオンラインhttp://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20060825/108598/
孤立深めた権限なき責任
社長の電撃辞任が見せたダイエー再生の限界

編集委員 田中 陽 ,馬場 完治 ,田中 成省
2006年8月28日(月)

ダイエー社長兼COO(最高執行責任者)の樋口泰行(48歳)が辞意を漏らした8月18日。
ダイエーの筆頭株主である丸紅首脳は「慌てた」――。

 それもそのはず。新たな再生の青写真を樋口と一緒に描き始めた矢先のことだったからだ。

 迷走するダイエー。その新たな一幕が加わった今回の辞任劇の根は深い。

「トップは交代させていただきたい」。
実は丸紅は今春、産業再生機構が保有するダイエー株式33.6%の
すべてを取得する交渉の中で、
会長兼CEO(最高経営責任者)の林文子(60歳)と樋口のダブル退任を
再生機構に打診していた。


機構のメンツと丸紅の及び腰

 現場の樋口評は決して悪くなかった。
「店長会議などでは即効性を求める指示は出さず、小売りの基本動作を確実に行うよう説いていた。
現場を守ってくれる人だった」(ダイエー店長)。

 だが、店舗は予算をなかなか達成できず、儲かる仕組みを確立できない。
「改革のスピードが遅い」。丸紅首脳は苛立ちを募らせていった。

 とはいえ林も樋口も第2位株主である投資ファンド、アドバンテッジパートナーズの推薦を受けて、
再生機構が再生計画の仕上げまでを託した人物。

株式移動後すぐに2人が交代すれば、再生機構主導で進めてきた計画が失敗だったという印象を周囲に与えかねない。
これを恐れた再生機構は2人の退任に難色を示した。

 もっとも、新たにメーンのスポンサーとなる丸紅が本気であれば、トップ交代を再生機構にのませることはできたはず。
そうしなかったのは、丸紅にも“樋口続投”を望む屈折した事情があったから。
そしてここにダイエー問題の根幹、「責任の不在」が見える。

 丸紅は、再生機構が保有する株式を取得することでダイエー株の保有比率が44.6%に達した。そのため社長を送り込むと、ダイエーは丸紅の実質支配子会社と見なされ、連結対象となる可能性が高い。

 日経ビジネス8月21日号の特集「偽りの再生」でも指摘したように、
取引金融機関はダイエー向け債権のランクを下げたばかり。連結で8217億円(2006年2月期)もの有利子負債を抱えており、連結子会社化は丸紅自体の信用力に影響を及ぼしかねない。

 事実、丸紅はダイエー再生の新たな事業パートナーを探している。筆頭株主の地位を維持したまま、このパートナーに保有株式の一部を譲渡するなどして持ち株比率を下げれば、連結対象に加えずに済む。パートナーが確定するまでは、樋口で“つなぐ”ことが望ましいわけだ。

 7月28日の再生機構から丸紅へのダイエー株譲渡会見。ここでの「引き続き貢献させていただきたい」(樋口)、「私も同じです」(林)というトップ2人の続投宣言、そして丸紅社長である勝俣宣夫の「引き続きお2人にお願いしたい」という発言の裏には、再生機構のメンツと丸紅の計算があった。

 こう見ると、公の席で続投を宣言した樋口がわずか20日後に、突然社長職を投げ出した理由も浮かび上がる。

b_simple_51_2M.jpg



ダイエー:樋口・同社顧問が31日付で退任
2006年12月28日 毎日新聞 Mainichi INTERACTIVE

 経営再建中の大手スーパー、ダイエーは28日、10月まで社長を務めていた樋口泰行・同社顧問(49)が、
31日付で退任すると発表した。

 樋口氏は日本ヒューレット・パッカード社長を経て05年5月、産業再生機構の下で再建中だったダイエーの社長に就任。
リストラ策などで05年2月期に1兆5000億円近くあった連結有利子負債を1年半で半減させた。

しかし食品以外の営業分野で際立った成果を示せず、
丸紅が再生機構に代わって筆頭株主になることが決まった06年7月以降は、丸紅との不協和音も表面化。
同年10月、「一定の役割を終えた」として顧問に退いた。


 樋口氏の今後についてダイエー広報部は「『まだ何も決まっていない』と聞いている」と話している。【宮島寛】

b_simple_51_2M.jpg




ダイエー会長にイオンの川戸氏 林氏は副会長に会長職を下ろされる
2007/03/20 The Sankei Simbun WEB-site


 ダイエーは20日、資本・業務提携を結んだイオンから川戸義晴取締役(63)を会長に迎え入れると発表した。
4月1日付で川戸氏ら2人のイオン取締役を顧問として迎え、5月下旬の定時株主総会で取締役に選任、
川戸氏は総会後に会長に就任する。


 また林文子会長は代表権を持たない副会長として対外活動などに取り組む。
経営責任を明確にし意思決定を迅速にするため、代表権は丸紅出身の西見徹社長に一本化する。



 ダイエーと筆頭株主の丸紅、イオンの3社は資本・業務提携に合意。ダイエー株を15%取得したイオンから会長を迎えることで、ダイエーの経営再建に向けた連携を円滑に進める狙いがある。


 都内で記者会見した川戸氏は「日本の小売業にダイエーが果たした役割は大きく、
ブランド価値を高めたい」と抱負を語った。


 川戸氏は昭和41年、岡田屋(現イオン)に入社し、営業部門の責任者などを歴任。
平成12年5月からイオン興産(現イオンモール)社長を務めている。

b_simple_51_2M.jpg

ダイエー、OMC株32%売却へ 3メガバンクが争奪戦
2007/04/12 FujiSankei Business i.


 経営再建中のダイエーが、クレジット子会社のオーエムシー(OMC)カードの株式約52%のうち31・8%を6月にも売却することが11日、明らかになった。今月中に実施する第1次入札には、三井住友フィナンシャルグループ、三菱UFJフィナンシャル・グループに加え、みずほフィナンシャルグループと提携しているクレディセゾンが参加を予定しており、3メガバンクによる“OMC争奪戦”が繰り広げられる。


 売却額は700億円を超えるとみられ、ダイエーは2月末で2200億円あった有利子負債の返済に充て、目標である1500億円に削減する。


 これまでダイエーは、連結営業利益の大半の利益を稼ぎ出す“虎の子”であることからOMC売却に否定的だった。しかし、資本・業務提携したイオンが予定していた専門店ビル子会社OPAの売却に反対。さらに昨年末の貸金業法改正で、刑事罰の対象となる出資法の上限金利と利息制限法の上限金利の間の「灰色(グレーゾーン)金利」が2009年末までに撤廃されることが決まり、OMCの収益力の低下が避けられないことから売却に方針転換した。


 1次入札には外資系投資ファンドも参加する見込み。主婦層などを顧客に持つOMCは、再編が加速するカード業界の“最後の大型案件”といわれており、売却先は混とんとしている。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。転載などご自由にお使いください。
b_simple_51_2M.jpg
<拡散希望>


Post comment

管理者にだけ表示を許可する