【政治を読む】TVメディアは政治を歪め国民に信じ込ませてきた

”悪が栄えるのは、善人が何もしないからだ”焦りの中国、余裕の米国【トランプ政権】『インド太平洋』経済圏で中国の『一帯一路』と対決。『債務のわな』にくさび近衛内閣には朝日新聞記者と共産党員だらけ田中角栄は毛沢東に膝ま付き台湾を断交台湾を見捨て金権腐敗政治に走る今日の反日野党朝鮮族は出来上がった今こそ取り戻そう我が国日本 

★在日韓国・朝鮮人の犯罪・暴動・事件年表

01 2015

在日韓国・朝鮮人の犯罪・暴動・事件年表
在日韓国・朝鮮人とは韓国政府が
国を捨てた裏切り者と言って送還を拒否した棄民である。
行き場のなくなった棄民朝鮮人に日本は仕方なく棄民政策を取り優遇措置を取るが、
そのほとんどが暴動などで在日棄民が得たものである。
彼等には秩序、道徳心と言うものがなく、法を守るという精神がなく暴力行為によって
行動する民族である。
決して関わってはいけない民族であるDNAの詳細ページへ
この民族は嫌がらせが楽しみのようだ
中国漢民族は虐殺が楽しみだと九評に記述


元寇
1274年10月5日、対馬は元(げん)と高麗(こうらい)の連合軍の襲撃を受ける
↑あまりにもむごくて画像を貼れません画像リンク先朝鮮半島人のDNA

在日朝鮮人の全員送還を望む・吉田茂書簡
yosida.jpg


■1921年
 (大正10年)
      6月 3日

□  東京市電運転手連続殺傷事件、東京市電の運転手だった朝鮮人が7人を殺害、
   10人を負傷させる

■1923年
 (大正12年)
      9月 1日

□  朴烈事件

■1931年
 (昭和6年)
      1月18日

□  荏原警察署巡査殺害事件、秘密結社「赤色自衛団」が特高巡査を殺害

■1932年
 (昭和7年)
      1月 8日

□  桜田門事件、昭和天皇暗殺未遂事件。

■1942年
 (昭和17年)

□  多摩川流域軍需品窃盗団事件、軍需品工場を荒しまわる組織的窃盗団、
   窃盗338件、104人検挙

■1945年
 (昭和20年)
      8月30日

□  名古屋少年匕首(中国=ひしゅ、日本=あいくち)殺害事件、
   路上で少年3人が脅迫されて金銭を奪われ、
   匕首で切り付けられて1人死亡、1人負傷、
   犯人は拘置所から脱獄、韓国に逃亡

■    10月22日

□  大阿仁村事件、秋田県の栗林に侵入し村人と乱闘

■   12月 24日

□  生田警察署襲撃事件(第1回)拳銃強盗事件にからんで50名を超える
   朝鮮人の暴徒が襲撃、連合国軍が暴動を鎮圧

■       29日

□  直江津駅リンチ殺人事件、
   朝鮮人3人組が列車の窓ガラスを叩き割り無理やり乗車しようとし、
   それを阻んだ乗客にパイプやスコップ等で集団暴行し殺害、
   朝鮮人3人組は逮捕されたが程なく逃走

■1946年
 (昭和21年)
      1月 3日

□  富坂警察署襲撃事件、トラック2台に乗った
   朝鮮人約80人が署内に乱入、警官に暴行し、
   連続拳銃強盗事件の容疑者を連れ出し逃走

■       9日

□  生田警察署襲撃事件(第2回)30-40人の
   朝鮮人が、検挙された賭博団の奪還を目的に署内に侵入、
   進駐軍の協力を得て鎮圧

■       24日

□  七条警察署襲撃事件、ヤミ米捜査を巡って警察に押しかけ、
   さらに京都駅前で朝鮮人約700人が的屋・博徒と大乱闘

■     5月 4日

□  日光中宮祠事件、旅館の帳場に盗みに入ったところを旅館経営者の家族に発見され、
   包丁で一家6人を刺殺、現金と小切手などを奪い放火

■       13日

□  長崎警察署襲撃事件、闇市を取り締まった警察に対し
   朝鮮人や中国人など約200人が包囲・襲撃、警官1人死亡、10人重軽傷

■     6月 9日

□  七条警察署巡査殺害事件、京都で職務質問をしようとした巡査を射殺、朝鮮人5人逮捕

■     7月23日

□  東条村強盗事件、長野県で4人組強盗団が捜査中の警官を拳銃で射殺

■     8月

□  中京私設警察事件、在日本朝鮮人連盟中京支部の「座敷牢」に男性を監禁、拷問した

■        5日

□  富山駅前派出所襲撃事件、闇米の取り締まりで朝鮮人と警察が大乱闘

■       29日

□  一勝地村農家6人殺害事件、熊本県で発生した強盗殺人放火事件

■    9月22日

□  坂町事件、ヤミ米の取締を行っていた警官に集団暴行

■       29日

□  新潟日報社襲撃事件、坂町事件を報じたことに対し新聞社を襲撃

■    12月20日

□  首相官邸デモ事件、デモ隊が首相官邸に侵入、アメリカ軍憲兵隊が出動して解散させた

■1947年
 (昭和22年)
      3月15日

□  百田駐在所巡査殉職事件、山梨県で刑事を名乗る男が拳銃で巡査を射殺

■    6月23日

□  神奈川税務署員殉職事件、密造酒を取り締っていた税務署員を集団暴行殺人

■    9月10日

□  津別事件、北海道で朝鮮人が祭の露店を荒らし、的屋と対立、乱闘

■    10月20日

□  尾花沢派出所襲撃事件、山形県でヤミ米摘発に反発し派出所襲撃

■    11月 4日

□  池袋診療所強盗殺人事件

■1948年
 (昭和23年) 春

□  会津破蔵事件、朝鮮人窃盗団による連続窃盗事件

■    4月

□  浜松事件 (抗争事件)、闇市をめぐって
   朝鮮人、的屋、浜松市警が抗争、銃撃戦となりMPが出動

■    23-26日

□  阪神教育事件(朝鮮人学校事件)、
   朝鮮学校閉鎖令に反対して大阪府庁や兵庫県庁を暴力で占拠、
   アメリカ軍も出動、非常事態宣言

■     6月23日

□  五所川原抗争事件、小学校の運動会での喧嘩がもとになって、香具師と朝鮮人が乱闘

■    10月12日

□  評定河原事件、仙台で北朝鮮国旗を持った一団がデモ行進し、米軍憲兵隊が6人検挙

■    12月 9日

□  宇部事件、逮捕された朝鮮人を奪還しようとして警察と衝突
   末頃より - ワ号事件 (連続窃盗事件)、
   朝鮮人窃盗団約60人による連続窃盗事件

■ 1949年
 (昭和24年)
     1月25日

□  益田事件、密輸の摘発を巡って約200名が警察署に押しかけ、警察官と乱闘、48名検挙

■  4月 6-13日

□  枝川事件、窃盗犯を逮捕しようとした警察と衝突

■     7-11日

□  高田ドブロク事件、新潟県で密造酒の取締りで朝鮮人が警察と対立、12人検挙

■    6月 2日

□  本郷事件、福井県で朝鮮人地区の地図作成に抗議し
   朝鮮人70人が派出所を占拠し警官に暴行

■       30日

□  平事件、福島県平市の警察署に乱入し占拠、警官に暴行、231人を騒擾罪で検挙

■    7月

□  塩釜事件、朝連と民団の構想を巡って警察とも紛争

■  8月19-20日

□  下関事件 (騒乱)、朝連と民団が乱闘、構成員の自宅を襲撃、略奪

■    9月 13日

□  関東朝鮮人強盗団事件、強盗殺人1件、強盗45件、窃盗861件、260人検挙

■      20日

□  武生事件、福井県で裁判所と検察庁の支部が放火され全焼

■1950年
 (昭和25年)
     3月20日

□  台東会館事件、在日本朝鮮人連盟が「暴力主義的団体」として解散を命じられ、
   台東支部があった台東会館を接収しようとしたが、妨害を受け朝鮮人119人検挙

■    8月15日

□  連島町事件、岡山県で
   約700名の朝鮮人が集会を強行し警察と乱闘、警官15名負傷、8名検挙

■  11月20-27日

□  長田区役所襲撃事件、
   朝鮮人が税免除などを要求して区役所を襲撃、
   20日30人逮捕、24日26人逮捕、27日179人逮捕

■   12月1日

□  大津地方検察庁襲撃事件、勾留中の同志の釈放を要求し検察庁に突入、
   暴徒化、43人逮捕

■ 1951年
 (昭和26年)
     1月23日

□  四日市事件、朝連四日市支部接収の妨害、暴動、15名検挙

■    3月 7日

□  王子朝鮮人学校事件、警察の捜査を「不当弾圧」だとして衝突、警官28人が重軽傷

■      21日

□  浅草米兵暴行事件、アメリカ軍兵士1人死亡、1人重傷、2人軽傷

■    6月13日

□  神奈川朝鮮人学校事件、
   朝鮮人学校の運動会をきっかけに横浜駅前で500人が暴動、28人検挙

■    10月18日

□  日野事件、滋賀県で違法デモ隊が警官隊に襲い掛かり拳銃を奪う、20人検挙

■       22日

□  下里村役場集団恐喝事件、兵庫県で
朝鮮人約200名が村役場に押しかけ暴行脅迫恐喝、15名検挙

■    11月21日

□  福岡事件

■    12月 1日

□  東成警察署襲撃事件、泥酔し保護された男性が死亡した事を、
   警官のリンチ殺人だとデマを流し、署内に突入しようとして3人逮捕

■        3日

□  半田・一宮事件

■       16日

□  親子爆弾事件、大阪で事故死した
   朝鮮人の慰霊祭をきっかけに、クラスター爆弾の工場を襲撃、集団暴行

■1952年
 (昭和27年)
 2月 21日-23日

□  木造地区警察署襲撃事件、青森県で傷害容疑で
   朝鮮人2名を逮捕した事に対し即時釈放を要求し警察署襲撃

■       28日

□  姫路事件

■ 3月

□  多奈川町事件、大阪で密造酒の取締りで朝鮮人が警察と対立、27名逮捕

■       1日

□  八坂神社事件

■      13日

□  宇治事件

■   4月 24日
    ~5月30日

□  岡山事件、阪神教育事件の記念日である
   4月24日に朝鮮人約200名が岡山市役所へ岡山市公安条例に違反する
   無届デモを敢行し岡山市警が制止しようとしたところ、
   旗ザオに見せかけた竹槍で警察官2名を刺したうえに
   プロムアセトン(催涙ガス)入りの瓶を投げつけたり投石したため乱闘になり8名を検挙した。

■    5月 1日

□  血のメーデー事件、皇居外苑で警察部隊と衝突

■       8日

□  上郡事件

■      13日

□  広島地裁被疑者奪回事件、閉廷直前に傍聴席の
   朝鮮人約200人が被疑者と傍聴者を分ける柵を乗り越え、
   放火の被疑者朝鮮人4人を奪還

■    25-26日

□  高田事件 (法学)、名古屋各所で同時多発事件、
   派出所や米軍宿舎などに火炎瓶を投げ込む

■   25日-30日

□  桜井町事件、奈良県で暴行傷害で逮捕された
   朝鮮人の即時釈放を要求して警察と衝突

■       30日

□  大梶南事件、仙台で民団系と民戦系が抗争

■        31日

□  奈良警察官宅襲撃事件、巡査の自宅に約10名の
   朝鮮人が覆面姿で押しかけ、
   父親を暴行し意識不明の重体にして窓ガラスや障子を破壊して逃走

■      6月 5日

□  万来町事件、山口県で、派出所を襲撃、工場に乱入

■       10日

□  島津三条工場事件、京都で祖国防衛隊
   (在日朝鮮人団体)約50人が工場に押しかけアジ演説、
   警察が逮捕して護送中にパトカーに火炎瓶を投げ込む

■       13日

□  醒井事件、滋賀県で民団系と民戦系の対立を巡って、被疑者の逮捕を妨害して大乱闘

■       24日

□  葺合・長田事件

■      24-25日

□  吹田事件、デモ隊が火炎瓶や石を投げて暴徒化、111人が騒擾罪で起訴

■      24-25日

□  枚方事件、工場を時限爆弾で爆破、人違いで火炎瓶で一般家屋に放火、98人検挙

■      7月 7日

□  大須事件、共産党と朝鮮人の祖国防衛隊が火炎瓶攻撃、騒乱罪
相馬ヶ原駐屯地事件、祖国防衛隊 (在日朝鮮人団体)の軍事工作班が警察予備隊駐屯地の爆破を計画

■    11月11日

□  大村収容所事件、入国管理庁の入国者収容所で、
   韓国から送り返されてきた逆送還者の即時釈放を要求し暴動

■       19日

□  五所川原税務署襲撃事件、密造酒摘発に反発して税務署襲撃

■        21日

□  川辺村強盗殺人事件、長野県で薬用人参を盗もうとしていたところに
   通りがかった被害者を強盗殺人

■1953年
 (昭和28年)
      2月19日

□  別府市警察署事件、逮捕された男性の死亡をリンチ殺人だと決め付け警官隊と衝突

■1955年
 (昭和30年)
     12月19日

□  上十条二丁目交番爆破事件、工事現場から盗んだダイナマイトを交番に投げ込み警官2人が重傷

■1956年

□ 

■1958年
 (昭和33年)
      8月17日

□  小松川事件、朝鮮人の男子高校生が同じ高校の女子高校生と23歳の賄い婦を殺害。
   自ら新聞社や警察に連絡したり、小説に書いて懸賞に応募する劇場型犯罪。

■1959年
 (昭和34年)
      12月4日

□  新潟日赤センター爆破未遂事件、韓国工作員による暗殺・爆破テロ未遂事件

■1968年
 (昭和43年)
      2月

□  金嬉老事件、2人をライフルで射殺し、静岡県の旅館で13人を人質にして籠城

■1980年
 (昭和55年)
      6月頃

□  辛光洙(シン・グァンス)事件、 北朝鮮工作員・辛光洙、
   朝鮮学校元校長・金吉旭らが原敕晁さんを北朝鮮に拉致

■1981年
 (昭和56年)
      8月5日

□  男鹿脇本事件、北朝鮮のスパイ事件

■1983年
 (昭和58年)
     10月9日

□  ラングーン事件、北朝鮮からビルマまで北朝鮮工作員を運んだ貨物船は
   兵庫県の朝鮮総連所属の在日朝鮮人が日本国内で建造し
   北朝鮮に寄贈して金日成に直接名前を付けられた船だった。

■1994年
 (平成6年)
      1月7日

□  解同高知市協「差別手紙」事件、高知市職員が人権条例を制定させるために差別文書を自作自演。

■1995年
 (平成7年)
     4月23日

□  村井秀夫刺殺事件、オウム真理教の幹部だった村井秀夫を、
   右翼を名乗る在日朝鮮人が衆人環視の中刺殺した事件。
   オウム事件の捜査に深刻な影響を与えた。
   また犯人は朝鮮総連に出入りしており、辛光洙とも接点があった。

■ 2000年
 (平成12年)
     7月

□  ルーシー・ブラックマンさん事件

■2004年
 (平成16年)
    11月18日

□  茨木市連続ひき逃げ事件、韓国籍の23歳男性による犯行。5人が死傷。

■2005年
 (平成17年)
    4月6日

□  聖神中央教会事件、牧師が信者の少女7人に性的暴行。

■2007年
 (平成19年)
    9月10日

□  函館市銃撃戦、韓国籍の52歳の住吉会系暴力団員の男が盗難車で走行中、
   警察官と銃撃戦となり男が死亡、警察官が負傷した。

■ 2013年
 (平成25年)
    8月

□  韓国籍の男が、元京都弁護士会会長の彦惣弘立命館大学教授を、
   京都市の路上で刺傷し殺人未遂で逮捕された[1]。

■ 2016年
 (平成28年)
    8月9日

□  韓国籍の講談社社員の男が妻を殺害。
   2016年(平成29年)12月11日 - 新今宮駅線路突き落とし事件、
   朝鮮籍の28歳の男がホームにいた女性2人を突き飛ばし、1人が線路に転落。


1. 「元弁護士会長刺した韓国籍の男に懲役3年 京都地裁判決」産経ニュース2014.3.8 10:00
2. “講談社「モーニング」の敏腕編集者 妻の殺害容疑で逮捕”. 産経新聞. (2017年1月10日) 2017年1月11日閲覧。
3. “【駅突き落とし】容疑者の母「世間を騒がせ、申し訳ありません」
    「就職活動、悩んでいた」”. 産経新聞. (2016年12月13日) 2016年12月13日閲覧。

さらに詳しいページへ




最後までお読みいただきましてありがとうございます。転載などご自由にお使いください。
b_simple_51_2M.jpg
<拡散希望> 沖縄のみなさんへ 昭和天皇が流された涙 昭和天皇の御心が届きますように。


Post comment

管理者にだけ表示を許可する